読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

みんなから聞いたほっこり怖い話 (1) 幽霊の道案内

みんなから聞いたほっこり怖い話 (1) 幽霊の道案内

みんなから聞いたほっこり怖い話 (1) 幽霊の道案内

作家
木滝 りま
佐東 みどり
鶴田法男
筒井 りな
出版社
岩崎書店
発売日
2020-07-17
ISBN
9784265047918
amazonで購入する

「みんなから聞いたほっこり怖い話 (1) 幽霊の道案内」のおすすめレビュー

トイレの花子さんや白装束の集団の目的は!? ゾ~ッとするけど最後はほっこり! “新感覚の怪談アンソロジー”

『みんなから聞いたほっこり怖い話 1 幽霊の道案内』(佐東みどり・木滝りま:著、鶴田法男:編、筒井りな:絵/岩崎書店)

 本好きにとって、夏といえばやはり「怪談」が読みたくなる季節。怖い気持ちもあるけれど、好奇心が抑えられずつい読んでしまった…という方もいるのではないでしょうか? そう。怖い話の魅力は何も背筋が凍るような恐怖感を味わえることだけではないのです。時には涙なしでは語れない人間ドラマが描かれることもあれば、何かしら教訓めいたことを伝えてくれることもあります。

 岩崎書店の小学校中学年向き怪談シリーズ『みんなから聞いたほっこり怖い話 1 幽霊の道案内』(佐東みどり・木滝りま:著、鶴田法男:編、筒井りな:絵)は、「3分後にゾ~ッとして5分後に…ほっこり」できる“新感覚の怪談アンソロジー”です。本作は、しあわせをよぶ妖怪・座敷わらしのピラコが、怖くても心があったまる話を全部で7つ、みんなに教えてくれます。

白装束の大きな体をした人たちと出会った小学生の運命は!?  個人的に一番怖く、インパクトがあったお話は、小学2年生の健太くんが白装束の大きな体を…

2020/8/28

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

みんなから聞いたほっこり怖い話 (1) 幽霊の道案内 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みなみ

トイレの花子さんをきっかけに友達ができたり、怖いんだけどめっちゃ怖いバッドにならない話。ぬいぐるみのはかわいそうだけど(・_・;)

2020/08/24

感想・レビューをもっと見る