読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ストーリーで楽しむ文楽・歌舞伎物語 (3) 義経千本桜

ストーリーで楽しむ文楽・歌舞伎物語 (3) 義経千本桜

ストーリーで楽しむ文楽・歌舞伎物語 (3) 義経千本桜

作家
越水利江子
十々夜
出版社
岩崎書店
発売日
2018-12-27
ISBN
9784265050185
amazonで購入する

ストーリーで楽しむ文楽・歌舞伎物語 (3) 義経千本桜 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

えり

おもしろかった。前半は史実を並べている感があり人の心を揺すぶりにくい構成だったように思うが、後半が読ませるし感じさせる。めくるめく怒濤の展開が続く。物語のわりに悲壮感が薄く愉しげである。あとがきに述べられているように、義経千本桜とは、義経にこう生きてほしかった、という人々の願いが昇華した作品なのだと思えた。物語の終わりかたも好きだ。...最後の最後(あとがきの末尾)に史実を述べて終わるのだが、現実に引き戻される感がすごい。こ、これで終わるのか...。

2019/03/21

感想・レビューをもっと見る