読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

怪談えほん (12) おろしてください

怪談えほん (12) おろしてください

怪談えほん (12) おろしてください

作家
有栖川有栖
東雅夫
市川 友章
出版社
岩崎書店
発売日
2020-01-17
ISBN
9784265079629
amazonで購入する

ジャンル

「怪談えほん (12) おろしてください」のおすすめレビュー

新たな恐怖絵本が誕生! 有栖川有栖が初めて手がけた絵本『おろしてください』がコワおもしろい

『おろしてください』(有栖川有栖:作、市川友章:絵、東雅夫:編/岩崎書店)

「臨床犯罪学者・火村英生」シリーズなどで絶大な人気を誇るミステリー作家・有栖川有栖が文章を手がけた絵本、『おろしてください』(市川友章:絵、東雅夫:編/岩崎書店)が、「怪談えほん」シリーズの1冊として刊行された。

「怪談えほん」とは、その名のとおり怖い話、不気味な話に特化したユニークな絵本シリーズ。宮部みゆき、京極夏彦、小野不由美など豪華作家陣が参加していることで知られ、1作ごとに注目を集める“怖い絵本”ブームの火付け役となった大人気シリーズだ。

 本格ミステリーの第一人者である有栖川有栖が、気鋭のアーティスト・市川友章とタッグを組んだ『おろしてください』は、同シリーズ3期の第2弾として刊行された作品。奇妙な電車に乗りこんだ男の子の目を通して、シリーズ既刊10冊のいずれとも異なる、恐怖と幻想の世界を作りあげている。

 あらすじを紹介しよう。裏山を探検していた主人公の「ぼく」。いつしか道に迷ってしまった彼は、小さな駅へとたどり着いた。瓦屋根がレトロな雰囲気を醸し出す、いかにもロー…

2020/1/17

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「怪談えほん (12) おろしてください」の関連記事

トラウマ級の作品も! 夏にぴったり、大人もどっぷりハマるゾクゾクの「ホラー絵本」

 夏といえば、怖い話。小説や漫画、映画、YouTubeなどで、ホラー作品を楽しんでいる人も多いだろう。そんな人たちにオススメしたいのは、ホラー絵本。「絵本は子どものもの」などと思う人もいるかもしれないが、侮れないのだ。絵本の中には、子どもだけではなく、大人をも震撼させるような作品も少なくない。そこで、大人もハマるに違いないホラー絵本をご紹介しよう。「ホラー絵本は初心者」という人も「新しい本を探したい」という人もぜひ参考にしてみてほしい。

2021/8/21

全文を読む

関連記事をもっと見る

怪談えほん (12) おろしてください / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

有栖川 有栖は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。「怪談えほん」シリーズも読み続けて第3期まで来ました。絵も内容も怖く、私が小学生だったら、『おしっこちょっぴりもれたろう』になってしまいそうです(笑) https://www.iwasakishoten.co.jp/special/kaidan/

2020/01/17

怪談えほんシリーズは夏にぴったりだと思います。今回も不気味な絵で恐さ倍増。たぶん子供時代に読んでいたら大人になっても覚えているくらいのトラウマ絵本になっていると思います。道に迷って、駅に着いて、電車が来れば、普通乗りますよね。。しかし。。。

2020/07/19

KAZOO

怪談えほんシリーズの1冊ですが子供にとってはかなり怖い感じです。電車に乗ったけれど周りの乗客はすべて海から上がってきたような人たちです。乗り換えようとすると切符がなく乗り換えられないということでさらに怖さが増幅します。私はラヴクラフトの世界を思い出してしまいました。かなり怖いイメージでした。

2021/03/26

kou

絵もストーリーもド直球に怖すぎる。子供の頃に読んでたら、電車に乗れなくなってたと思う。

2021/10/08

グレ

表紙からして怖いが、怖いうえに気持ち悪い一冊。サービス満点でこれは好きだな◎ 原作者・有栖川有栖先生の小説も読んでみたい。

2020/06/11

感想・レビューをもっと見る