読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

こんな子きらいかな? (3) やましたくんはしゃべらない (こんな子きらいかな? 3)

こんな子きらいかな? (3) やましたくんはしゃべらない (こんな子きらいかな? 3)

こんな子きらいかな? (3) やましたくんはしゃべらない (こんな子きらいかな? 3)

作家
山下賢二
中田 いくみ
出版社
岩崎書店
発売日
2018-11-10
ISBN
9784265086436
amazonで購入する

ジャンル

こんな子きらいかな? (3) やましたくんはしゃべらない (こんな子きらいかな? 3) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

☆よいこ

クラスにいる変な男の子やましたくん。学校では全くしゃべらない子。声は出さないけれど授業中にふざけたり、ドッヂボールで相手にボールをぶつけたりはする子。合唱では口パク、授業参観の発表はラジカセ持参と徹底している。▽意外に子ども社会では変な子もそのまま受け入れられる、変だ治せというのは大人の理屈かな。そのままのやましたくんを認めることができる世界がいい。▽一読しただけでは、いまいち人物の顔が似すぎてて、誰がだれか分からなかったので三度読みした。

2019/03/18

ベーグルグル 2【春を感じよう 読書会】

場面緘黙なのかな、山下くん。しゃべれないのではなく、しゃべらないと本人も堂々としていて、しかも周りもそんな山下くんをネガティブでない受け止め方をしているのが良かった。こうやって個性として捉えてくれる世の中であってほしいと切に感じた一冊でした。

2019/01/11

千穂

小学校で一言もしゃべらないやましたくん。うちの娘も同じだったので気になっていた本。だれも声を聞いたことのない子だけど、彼も友だちのこと気になってるんだよ〜みんなのことすごく観察してたりするのよ。決して変な子じゃないんだよ。場面緘黙の子、学年で1人位はいると思う。そんなお友だちのこと、ちょっとだけでいいから認めてあげてね。

2019/02/19

アキ

やましたくんは小学1年から6年までひとこともしゃべりませんでした。先生に名前を呼ばれても、授業中当てられても、合唱コンクールでも、参観日の作文の発表会でも(ほんとはちょっとズルしたんだけどね)、卒業式でも、・・? 最後にやましたくんから「せんせいへ」という題の作文がある。そこに答えがあるんだ、そうだったんだね。繊細な絵と不安定な子ども時代。やましたくんは今はどうしているんでしょう?

2019/01/02

スノーマン

本人が飄々としているし、周りも受け入れているし、風通しの良さそうな学校だな。先生たちもの対応も、腫れ物に触るような扱いではなくて、最後の校長先生への返事も届いてないんだけど、校長先生からの言葉はなんだか山下くんへの賞賛の言葉みたいに聞こえてしまってホロリ(笑)文章も絵もとても良い。

2019/03/03

感想・レビューをもっと見る