読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

団塊のジジババが日本をダメにする

団塊のジジババが日本をダメにする

団塊のジジババが日本をダメにする

作家
正高信男
出版社
潮出版社
発売日
2011-07-01
ISBN
9784267018787
amazonで購入する Kindle版を購入する

団塊のジジババが日本をダメにする / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

gtn

貶めるだけ貶めて、最後に頑張れと応援歌のように締める本がよくあるが、これはその手の本ではない。著者は団塊の世代を嫌っているし、期待もしていない。彼らが独り善がりなのは、軍国主義崩壊後「血縁主義」という薄っぺらい価値観しか持ち得なかったからという著者の謂いに同感。若い頃は権威と相対峙してきたという割には自分が権威になりたがる。陳腐な価値観を年下に強要する。家族しか信じられないし、それ以上の人間関係の広がりがない等、すべて腑に落ちる。後味はあまりよくないが、同じ思いの人がいるという嬉しさは残る。

2021/02/12

たこやき

一切、根拠も何もなく、ただ団塊世代がこうだ、と言うだけの愚書。色々とツッコミどころはあるのだが、1954年生まれの著者だって、団塊世代と似たような近いような社会経験をしているはずなのに、そういう考察とかは一切ない。これを読んでいると、「世代論って虚しいもの」という感覚だけが残る。それを狙って書かれた書なら評価できるが、過去の書を読むと、ただ、場当たり的な社会批判をしているだけなんだろうな……

2011/09/01

東洋

内容が無いよう。霊長類学が専門のくせに、サルの話題をちょっと混ぜてお茶を濁しただけで本題に関係なし。欧米と違って日本は養子を取らない!けしからん!と書いてますが、文化・宗教・法律・民族等々、あらゆる観点が抜けているので愚痴で終わってます。ただ自分以外の全てが気に食わないんじゃないのかこの人。

2011/10/15

yamaneko*

全体的に、場当たり的な批判が多い気がしました。 団塊の世代が孫可愛がりすぎる、という指摘は分からなくもないけれど、里子を取ればいい、というののなら、筆者がまずやればいいのに。

2011/08/29

まぐらかぐら

あーそうね。みたいな。

2012/05/03

感想・レビューをもっと見る