読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

エーゲ海に強がりな月が

エーゲ海に強がりな月が

エーゲ海に強がりな月が

作家
楊逸
出版社
潮出版社
発売日
2017-06-01
ISBN
9784267020841
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

“失恋した傷は恋愛で癒すしかない”という周囲の気遣いで、大学時代の同級生と別れた私は、次の恋人と知り合うが、仕事優先の彼の振る舞いに、別れを決意した。 同じように悩みを抱えるOLの桂子に身内のような愛情を感じる私は、自身の少ない恋愛経験を語る。 証券会社でお互い投資家として出会ったという“カレチ”と桂子。親子ほど年の離れた男女の恋の駆け引きが始まる――。

エーゲ海に強がりな月が / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ち~

夫は出張が多く1人でいることの多い「私」の友人・桂子は大変な美人。その桂子が恋をした相手は父親ほどの年の離れた人で、彼氏のようであり父親のようでもあることから「カレチ」と呼んでいる。桂子は度々カレチについて語るがそのカレチからは常に肉体関係を拒まれている。そんな2人はギリシャ旅行に出かけ、桂子にはフィルという新たな男性の影が。桂子の恋の行方も気になるが、実は彼女に影響され、耐えるばかりの「私」の夫婦関係にも影響を与えていた面白さがある。最後のカレチの告白もジワジワくる。これだから大人の恋愛はおもしろい。

2017/08/11

シェルター

桂子のカレチ(彼だけど、父親位に歳の離れた男性)のお話を聞く『私』のお話?(^_^;) 始めに『私』の恋愛も登場し、自信満々な青年実業家のいいなりのお付き合いを、スパッと断ち切るとこまでは、「面白くなって行く感じ〜⁈」と期待してしまったが、淡々と終わってしまいました。ちょっと、私好みではなかったです。。

2017/07/13

桐一葉

え、そんな終わり方?どうしてもそれを恋愛やとは思えない、、自分がそこまで成熟した精神ではないからかな。終始、それは思い込みやろ!でした、、けど、なぜか楊逸さん読み切れる。分からんなりにおもしろさは感じるもんなんかな。能力に長けた人が読めばたのしめる小説なんかな!

2018/12/05

うーたんパパ

★★☆

2017/10/20

じゅんじゅん

大人の恋愛小説。

2017/08/27

感想・レビューをもっと見る