読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

魂の図書館 上 (潮文庫) (ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち)

魂の図書館 上 (潮文庫) (ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち)

魂の図書館 上 (潮文庫) (ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち)

作家
ランサム・リグズ
金原瑞人
大谷真弓
出版社
潮出版社
発売日
2018-03-05
ISBN
9784267021244
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

第2作『虚ろな街』で、ミス・ペレグリンを救うばかりか、仲間たちを次々に見失ったジェイコブとエマは、ついに敵の要塞があるタイムループに潜入する。次々に襲い掛かる怪物たち、敵と味方が入り乱れる心理戦、時空を超えたジェイコブとエマの恋…。そして、「魂の図書館」での最終決戦の末、世界に平和は訪れるのか?傑作ダークファンタジーシリーズ、ついに完結!

奇妙なこどもたち(ピキューリア)の魂を喰らおうとする非情な敵・コールの魔の手から逃れたジェイコブとエマ。満身創痍のなか、コールに連れ去られた仲間とミス・ペレグリンを追跡して、敵の要塞のあるタイムループへ潜入する。しかしそこで二人が目にしたものは、この世のものとは思えない荒廃したピキューリアの巣窟だった。

魂の図書館 上 (潮文庫) (ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

スプリント

前作の内容を結構忘れていて驚きました。 連れ去られた仲間の追跡行です。 全般的に暗めで絶望感が強いです。下巻の結末に期待です。

2018/05/13

タオ子

連れ去られた仲間を探すために、新たな街を訪れるジェイコブとエマ。ジェイコブにあった最強と言える能力を最大限に活かし、楽しく面白く、さらに奇妙に作り上げられた世界観にただ我を忘れて読んでいた。 そこに描ける上手い描写とキャラクターの動きで、どんどん吸い込まれていっている、ついにあと1冊でこの旅が終わると思うと、この世界に居たい!と地団駄踏みたくなっている。やっぱり凄い作品は、どの言語になっても凄い。

2018/06/19

きのこ

「心配するのは、一度にひとつずつにしましょう」(p69)

2018/04/27

先に虚ろな街をおさらいしてから読んだ方が良かったかも。ちょっと忘れちゃってる箇所もあった。今回はジェイコブとエマ以外の子どもたちの活躍が見れなくて寂しい。みんな無事でいてほしい!フィオナも!ジェイコブとエマがラブラブで可愛らしい。シャロンとアディスンも良いキャラだと思う。物語はいよいよクライマックス!ハラハラドキドキ。下巻へ。

2018/04/20

美佑紀

待ちに待ったミス・ペレグリンと奇妙な子供たちの3作目上。 前回の終わり方から早く読みたくて仕方なかった。 魂の図書館では一難去らずにまた一難って感じで落ち着ける所がなかったけどダラダラして進み方が遅いなって印象を受けたかな。 それでも能力を徐々に使いこなして行くジェイコブとやっとワイトのアジトに辿り着きそうな感じで下に期待。

2018/06/30

感想・レビューをもっと見る