読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

漂流児童

漂流児童

漂流児童

作家
石井光太
出版社
潮出版社
発売日
2018-10-05
ISBN
9784267021503
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

ノンフィクション界の“革命児”が挑む児童福祉の現場の光りと影! !

女子少年院、児童養護施設、赤ちゃんポスト、子供ホスピス、発達障害専門塾……。虐待死事件や貧困など、児童を取り巻く社会の歪みが露呈する現代。
ドラッグや援助交際に手を出してしまった少女、望まない妊娠により養子に出された赤ちゃん、医療少年院で絶望と格闘する職員、子供ホスピスで我が子の死を目の前に希望を見いだす親とスタッフ。報道では知りえない、児童福祉の現場で起きているリアルな現状と声――。
『レンタル・チャイルド』『物乞う仏陀』など、世界の恵まれない子供たちを独自の視点で取材をしてきた石井氏が、満を持して日本の児童福祉の現場に迫る!

「漂流児童」のおすすめレビュー

子供たちの未来のために―児童福祉の現場の実態とは?

『漂流児童――福祉施設の最前線をゆく』(石井光太/潮出版社)

 東京都港区の南青山で、児童相談所を含めた児童福祉に関連した複合施設の建設計画に対して、一部の住民が反対しているという。個人的には、この手の反対の声に共感していた時期もあるのだけれど、私の地元に葬儀場ができる際に起きた反対運動がテレビで取り上げられて紹介され、反対派住人たちが揃いも揃って近隣に土地を複数持っているような大地主だったため考えを改めた。大阪市北区の高層マンション内に児相を設置する計画が、マンション住民の反対によって中止になったのも、資産価値が落ちることを嫌ったからではないかと想像する。しかし、子供に関わる施設ができるのを反対する資格があるのは、一度も子供時代を過ごしたことの無い、初めから大人として産まれてきた人だけなのではないか、と『漂流児童――福祉施設の最前線をゆく』(石井光太/潮出版社)を読んで思う。

 本書は、これまでも児童福祉の問題を取材してきた著者が、児童養護施設や少年院、フリースクールに障害児入居施設といった、子供たちのセーフティーネットに焦点を当てたものである。…

2018/12/21

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

漂流児童 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くろにゃんこ

なんとも恐ろしいタイトルだが中身、つまり現実はもっと恐ろしくて重く複雑でした。さまざまなケースがあって本当に難しい、でも向き合い対応している人がいる心強さ。赤ちゃんポスト、子供用のホスピスなどあるべき意味を知りました。

2018/11/28

スノーマン

知ってるようで知らないことが沢山あるんだなぁと痛感。子供たちにとっては過酷な日常がこんなに様々なパターンであるとは。この本によって、広く認知されますように。ただ、婚姻届が結婚届になってたり、戸籍に孫の記載がある、との記述があったり。こんなに綿密な取材をしてるのに、少し調べれば分かるようなことを間違えている箇所が所々にあり、何か残念。沖縄の高齢者の方や子どもホスピスの学びの尊さに感動したり、こうのとりのゆりかごの必要性を訴えたりして、とても良い本なのだから。

2019/01/05

彼岸花

最近、子供の虐待という言葉をよく耳にしますが、精神の発達を妨げ、病気を引き起こします。本書で、問題を抱えた子供たちを救う、多くの福祉施設やNPO法人が存在することを知りましたが、貧困率は先進国の中で最悪だとの話。レールという生き方から外れた彼らを、社会がきちんと支えてこなかった責任大です。TVで「子供を産まないほうが問題だ」との発言がありましたが、日本の現在の状況を理解されているのか疑問でした。赤ちゃんポストの、インターホンを鳴らすか鳴らさないかで、赤ちゃんの運命が変わるという話が、一番悲しかったです。

2019/02/05

shigetton

三つ子の魂百までとは、昔の人はよく言ったもので、三歳までは、子供が家庭で人間としての土台を作る期間。無条件に愛情を注がなければならない。しかし、不幸にもレールから外れた子供たちもいることも確か。社会のセーフティーネットもさることながら、最前線で従事している人達の使命感が尊い。

2018/12/31

CK

児童福祉は興味のある分野ですが、知らないことがたくさんありました。過保護に育てられ脆弱な子どもが、肥大化した自己愛を崩壊させてうつ病になるケースが増えている、というのはなんとなく分かります。誤字が多いのが残念です。

2019/01/20

感想・レビューをもっと見る