読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

シャッター・ミー 炎の手を持つ少女(下) (潮文庫)

シャッター・ミー 炎の手を持つ少女(下) (潮文庫)

シャッター・ミー 炎の手を持つ少女(下) (潮文庫)

作家
タヘラ・マフィ
出版社
潮出版社
発売日
2019-10-05
ISBN
9784267022029
amazonで購入する

シャッター・ミー 炎の手を持つ少女(下) (潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あさうみ

レビューにX-MENの文字があったのが納得の展開。パラノーマルな超能力のような特殊技能をもつ集団が退廃な世界を牛耳る政党に対抗するのか。執拗な悪役があれでは、ただの当て馬なので2巻で活躍を期待したい(笑)3部作とのこと、依然として謎が多い。次作は12月に文庫化。

2019/10/10

三千世界の烏

ジュリエットはアダム、その悪友のケンジと共に施設を抜け出した。しかし現地の指揮官ウォーナーはジュリエットに魅入られるがままに追跡の手を繰り出す。大切な人の窮地に忌み嫌っていた破壊の力が唸りをあげる……。ジュリエットは触れると相手を傷つけ、激情にともなって30cm(ミリじゃない)の鋼鉄をぶち破る……装甲車両も真っ青の怪力の持ち主。スーパーパワーものの有名作『X-MEN』のローグ(の映画版)と近い能力と葛藤をもっています。キシモト・ケンジは迷彩能力をもち、道化を演じるよき兄貴分。どこの里出身なんだろう()

2021/02/18

義経Ⅷ

世界観はなんとなくわかってきたが、世界がどのようになってしまったのか! 人々はどのように暮らしているのかなど少しは描かれているが、 ほとんど伝わってこない!

2020/06/30

感想・レビューをもっと見る