読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

シルクロード 仏の道をゆく

シルクロード 仏の道をゆく

シルクロード 仏の道をゆく

作家
安部龍太郎
出版社
潮出版社
発売日
2021-07-05
ISBN
9784267022555
amazonで購入する Kindle版を購入する

シルクロード 仏の道をゆく / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

安部 龍太郎は、新作中心に読んでいる作家です。著者が旅するシルクロード、河西回廊、天山南路、写真と文章を楽しみながら読みました。しかし仏教にキリスト教(景教)が影響しているとは、思いませんでした。空海も最澄も、中国から聖書を持ち帰っているなんて(驚)何時かシルクロードを旅したい気はしますが、実現可能性は低いだろうなぁ。 https://www.usio.co.jp/books/paperback/22140

2021/08/08

あすなろ

シルクロードの西端は伊ローマ、東端は日の奈良と言われている。それにしても広い。車でも果てしない広さに圧倒されるのだから、歩いて通ったのなら絶望に打ちのめされるのではないか。そんな中国の西域に関する紀行文である。安部氏の思索は実に多様である。歴史、仏教、食、遣唐使阿倍仲麻呂の連載構想等。氏の略歴的な思索も交じる。氏は途中で記している。言葉は無数であり組み合わせは無限なのだから、その言葉か生まれ出る確率は大海原に生じる水泡の如きものだ、と。読者である僕は氏の多数の水泡に得るものが更に多数含まれていたいと感じた

2021/11/13

サンダーバード@怪しいグルメ探検隊・隊鳥

北京から敦煌までの河西回廊と敦煌からカシュガルまで天山南路の二回にわたる安部龍太郎氏のシルクロードの旅。「仏の道をゆく」と言う副題通り、かつては玄奘三蔵や鳩摩羅什らが遠くインドまで仏教を学び、中国に仏の教えをもたらす為に旅をした道。「日本を花に例えるなら、中国は根と幹である」と言うのはその通りだと思う。遠く離れたウイグル自治区に日本の正倉院と同じ古い装飾品が残っているのは興味深い。安倍龍太郎氏の文章も良いが写真が多くしかもオールカラー!これだけで買ったかいがありました。★★★★

2022/10/13

さつき

西安から敦煌までの河西回廊と新疆ウイグル自治区の天山南路と2回にわたるシルクロードをめぐる旅。大陸の広さ、自然の厳しさに圧倒され、阿倍仲麻呂や鳩摩羅什などにまつわるエピソードやそこから広がっていくイメージの豊かさにワクワクします。道中、理不尽な理由で通行を禁止される事が幾度もあり、何か思惑があるのか、単なる嫌がらせか、賄賂の督促か不明ですがモヤモヤ。そんな体験を通して「不条理に寄り添う目を持ち、それを昇華する作品を生み出」そうと決意する所はさすがです。シルクロードを舞台にした作品を楽しみに待ちたいです。

2022/09/26

tamami

その昔、へディンや大谷探検隊に憧れ、いつか敦煌の莫高窟を訪ねたいとの夢を抱いた。本書は、そんな夢見る人々に向けて作家の阿部龍太郎さんが案内する、現代版絹の道紀行。表紙に〈カラー版〉とあり、半分近くのページに鮮やかなカラー写真が配されて、「百聞は一見に」の思いを満たしてくれる。旅の主軸をなしているのは、「仏の道」。作家は鳩摩羅什や玄奘三蔵の足跡を辿り、阿倍仲麻呂や吉備真備に思いを馳せる。三蔵の『大唐西域記』が引用され、今は遺跡と化した当時の栄華の様子を偲ばせる。西域への入口、西安市の大雁塔から見えるビル街→

2021/09/08

感想・レビューをもっと見る