読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

無刑人 芦東山

無刑人 芦東山

無刑人 芦東山

作家
熊谷達也
出版社
潮出版社
発売日
2021-03-05
ISBN
9784267022852
amazonで購入する Kindle版を購入する

無刑人 芦東山 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のぶ

無刑録の編纂を行った、芦東山の生涯を描いた物語。無刑録とは刑がなくても犯罪が発生しないような理想の世の中を求めたもの。そして芦東山は何度も名前を変えていて、作中で芦東山の呼び名を使っているのは、終盤を除きほとんどなく、幸七郎として活躍している部分が多い。無刑録は何か難しいイメージがあるが、これもほとんど出てこない。幸七郎は若い頃からとにかく学問が好きで、本を手放したことがない。そんな幸七郎はいろんな人と関わりながら、ライフワークを推し進めていく。やや地味な物語だが、真面目な人物を真摯に描いていた。

2021/03/24

ひいろ

★★

2021/04/04

pagrus55

★★★★

2021/04/02

感想・レビューをもっと見る