読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

荒野の胃袋 (潮文庫)

荒野の胃袋 (潮文庫)

荒野の胃袋 (潮文庫)

作家
井上荒野
出版社
潮出版社
発売日
2022-10-20
ISBN
9784267023675
amazonで購入する Kindle版を購入する

荒野の胃袋 (潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

niz001

字が大きくて余白が多く頁が少ない、何が言いたいかというとすぐ読み終わる。凝った料理は無いので身近で美味そう。

2022/11/25

たっきー

美味しいものにまつわる50のショートエッセイと、角田光代氏との対談を収録したもの。著者の作品に出てくる料理がいつも気になるが、今エッセイでも美味しそうなものがたくさん登場。家族の思い出の味もたくさん登場している。対談では角田光代氏は「食に関して荒野さんくらい恐ろしく真剣な人はなかなかいない」、「食に対する姿勢が本当に熱くてすごい」と著者のことを表現している。一方の角田氏はコロナによって食の選択肢が狭まり、料理が義務と感じるようになってからは、料理は和えることしかしたくないと。対照的。

2022/11/07

zumi

先に読んだ本が何ともつらい実録だったので、癒しのために借りた。 とても読みやすく、絵もあたたかく食べ物にまつわる話もほっこりしたものばかり。夏になり茄子がたくさん出回るようになったら、「ろくちゃんの茄子」ぜひ作りたい!

2022/12/01

小寅

タイトルと表紙を見て値段を見ずに購入。171ページしかないのに1000円超えで驚き、そして、軽く後悔。けれど、読んでみるとイラストはカラーだったり、レシピもついているし、読んでいて明るい気持ちになれる。軽い後悔は読んだ今ではなかったことになっている。

2023/01/09

ひるお

作家・井上荒野による食べ物エッセイ。食にまつわるエッセイというものが好きで、なぜなら食にはその人の嗜好や思考や志向が端的かつあからさまに表れると思っているからなのだが、本書もまた例外ではなかった。家庭料理のエピソードは特におもしろい。日々の、日常の食事でありながら、その家ごとに味つけや位置付けが全く違うからだ。じゃがいもは身近でも、そのすりおろしを使う料理は馴染みがなかったし、雑煮や鍋の出汁や具は、ルーツの差異を如実に示す。正月料理を扱うエッセイが複数あるのも、新年早々に読むのにぴったりだった。

2023/01/07

感想・レビューをもっと見る