読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

三国志全30巻箱入 (潮漫画文庫)

三国志全30巻箱入 (潮漫画文庫)

三国志全30巻箱入 (潮漫画文庫)

作家
横山光輝
出版社
潮出版社
発売日
2000-04-01
ISBN
9784267890017
amazonで購入する

三国志全30巻箱入 (潮漫画文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひろし

この夏は横山三国志読破に余暇時間を費やし、達成感を味わった。図書館で10冊借りたら、職員に「そんなに借りて読みきれますか」と言われたが、確かにマンガにしては文字量は多いと思う。子供の頃読んだときは登場人物の顔が同じで区別がつかず興味が湧かなかったか、今読んでみると横山先生が人物の描き分けに苦労されていることが伝わってくる。

2016/08/28

にゃんころ

今なら1冊ずつ個別に買うよりお徳だと思います。文庫化にあたって細部が修正されているようです。

2009/08/12

nabe2511

半年くらいかけて図書館で30巻読了。この時代いったい何十万人の兵士が戦いで命を落としたことか。知略、謀略、陰謀の限りを尽くして戦いぬく武将達。かの国では武器を刀から情報に変え、今も戦いが続いているのでしょうか。

2016/05/15

sskitto0504

孔明すごいわ。蒼天では曹操に無視され続けたのが嘘のようにかっこいい。 壮大でした。

2013/10/24

Satoshi Tanaka

言わずと知れた三国志を今更ながら読破。国家を築くには、トップとなるものがまず大いなる理想を描き、己の鍛錬のみならず部下の力を最大限引き出すことの重要性を感じた。武力ひとつとっても、用兵, 場所, 作戦, 武器, 食糧の確保, モチベーションの維持など、多岐にわたる奥深さがあった。そしてそうして築いた国家が如何に簡単に滅びてしまうものか、虚しさも感じた。もちろん所々で用いられる巧みすぎる計略の数々にも脱帽。

2018/06/06

感想・レビューをもっと見る