読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

いま、恐竜が生きていたら

いま、恐竜が生きていたら

いま、恐竜が生きていたら

作家
ドゥーガル・ディクソン
小畠 郁生
北川 宏美
出版社
武田ランダムハウスジャパン
発売日
2008-12-18
ISBN
9784270004524
amazonで購入する

いま、恐竜が生きていたら / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Waku_W

三男が図書館で借りてきた。意外と面白かった

2013/05/18

ぐりとぐら

恐竜のデータから、現代の環境に、彼らが生きていた場合を想定した生活の様子を、カラービジュアルつきでまとめた本。BBC制作のプレヒストリックパークとか、ドラマのダイノトピアとかがすごく好きなので、読んでいて、すごく、ワクワクした。恐竜たちの足音が聞こえてくるような気がした。子供向けですが、大人も楽しめる内容でした。

2010/01/02

Tatsuya

『アフターマン』をはじめ、ドゥーガル・ディクソンの一連の本は夢があって良いですね。先日読んだ『恐竜の飼いかた教えます』と非常に似たコンセプトでどちらも比較的子供向けの内容だけど、こちらの方が読みやすさに関しては上かな? CGとの合成写真は見てて非常にワクワクして良いです。自分が子供の頃に読んでたら、きっと忘れられない大好きな一冊になってただろうな。自分に子供ができたら読ませてみたい。

2009/11/30

マーガレット

熟読しました。壮大なロマンを感じずにはいられない。あのティラノサウルスでさえ、全骨格は見つかっていないらしい。形は発掘されている骨からだいたいわかるにしても、体の色は想像の域を越えない。遙かなる夢でドキドキした。恐竜のしっぽがからまってよろけているゾウがほほえましい。

2010/05/23

goemi

恐竜と現代の生物が違和感なくえがかれている

2009/04/23

感想・レビューをもっと見る