読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マハトマ・ガンディー/阿波根昌鴻 : 支配とたたかった人びと (非暴力の人物伝)

マハトマ・ガンディー/阿波根昌鴻 : 支配とたたかった人びと (非暴力の人物伝)

マハトマ・ガンディー/阿波根昌鴻 : 支配とたたかった人びと (非暴力の人物伝)

作家
たからしげる
堀切 リエ
野見山 響子
出版社
大月書店
発売日
2018-07-16
ISBN
9784272409815
amazonで購入する

マハトマ・ガンディー/阿波根昌鴻 : 支配とたたかった人びと (非暴力の人物伝) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ころりん

『非暴力の人物伝』シリーズが出てた! こんな出版自体が、感動! 阿波根昌鴻さんのことは知らないことばかり(汗) 沖縄での戦後史を見れば、GHQを美化なんか出来ない。 キリスト教の影響が両者にあったことは、嬉しくもあり、申し訳なくもあり(発展させたのは彼らなんだから) 非暴力で、あくまでも人間として扱う、を貫きたかった二人。 そう、人に対する優しい眼差しがあってこその非暴力。 とはいえ、この本の語りは、結構「レッテル貼り」の非難じゃないかしらん?? 対立する相手を「いかに悪か」としたくなる誘惑に自戒しよう。

2019/07/19

感想・レビューをもっと見る