読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

渡辺貞夫―ぼく自身のためのジャズ (人間の記録)

渡辺貞夫―ぼく自身のためのジャズ (人間の記録)

渡辺貞夫―ぼく自身のためのジャズ (人間の記録)

作家
渡辺貞夫
出版社
日本図書センター
発売日
2011-04-25
ISBN
9784284700443
amazonで購入する

渡辺貞夫―ぼく自身のためのジャズ (人間の記録) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんすけ

1969年の荒地出版社版が初出。 全体の筆致が楽しそうでたまらない。執筆中はこの表紙のような表情で書いていたのだろうって、まさかそんなことがあるわけはない。 ただし題材になっている思い出は、楽しいことばかりなのだろう。生活費を工面するのに苦労もしているが、それも結果として楽しい思い出になっているようだ。 ぼくとジャズの付き合い方はナベサダとはかなり異なる。物心ついた1950年前後、海外から流れ込んできた音楽のすべてを、周りがジャズと言っていた。 映画「ベニイ・グッドマン物語」を観たのは小学三年生くらい。

2020/12/21

本当に日本のジャズにとってかけがえのない人なんだとわかった。最後に登場する奥さまもとても素敵な方。演奏を聞いてみたいなぁ。

2014/11/01

よう

渡辺貞夫のサックスにかける思いを知ることができました!

2014/01/01

von-t

やはり凄い人です。

2013/05/19

こめっしー

ナベサダの演奏を一回生で聴いたことがあって、それはもうすごく感動したから、どういう人生を歩んできたのか気になって、読んでみた。なるほどすごい人だ。

2013/03/04

感想・レビューをもっと見る