読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

【文庫】 「バカの人」相手に感情的にならない本 (文芸社文庫)

【文庫】 「バカの人」相手に感情的にならない本 (文芸社文庫)

【文庫】 「バカの人」相手に感情的にならない本 (文芸社文庫)

作家
和田秀樹
出版社
文芸社
発売日
2016-08-04
ISBN
9784286178530
amazonで購入する

「【文庫】 「バカの人」相手に感情的にならない本 (文芸社文庫)」のおすすめレビュー

「世の中バカばっかり!」…って、あなたもその一人かも。“バカの人”と向き合うには?

『「バカの人」相手に感情的にならない本』(和田秀樹/文芸社)

『「バカの人」相手に感情的にならない本』(和田秀樹/文芸社)――。このタイトルを目にした瞬間、自分の周りのバカな人たちの顔がこれでもかと頭をよぎった。世の中、バカばっかり! 困るんだよなあ。よし、この本を読んで、感情的にならない方法を学ぼうじゃあないか。しかし読み進めて、気づいた。(バカはわたしだ……)。

 バカにも様々な種類がある。わたしがイメージしていたバカは、本書によると「決めつけバカ」。原因帰属を非情に単純化しがちな人のことだ。彼らは何かしらの結果があったときに、理由を決めつけで単純に片付けてしまう。わたしの元上司がこのタイプで、一度ミスをしたら「またどうせミスをするからお前にはやらさない」と言われ、二度ミスをしたら「やっぱりミスをしたじゃないか!」と怒鳴られ、内心、(1000000回ダメでも、1000001回目はなにか変わるかもしれないのに!)とドリカム的な発想で憤っていたものだ。まあ、ミスをするわたしが悪いとも言えるが、とにかく彼は上司として尊敬はできなかった。

 決めつけが激…

2018/11/22

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

【文庫】 「バカの人」相手に感情的にならない本 (文芸社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ユズル

読んでると誰もがあらゆる『○○バカ』に当てはまる気がする。そのぐらい、世の中にいろんなバカがあって、私もその内の1つや2つや3つや…て、多すぎ~とか反省しながら流し読みました。

2017/01/06

上田伊織

和田秀樹さんの本は5冊目ぐらいかな? 「性格バカ」「実直バカ」「うのみバカ」「決めつけバカ」 「はだかのバカ」「ふむけバカ」「井戸の中のバカ」 ほんとうに世の中にはたくさんの“バカ”がいますよね。 そして、気を付けていないと自分もそのようなバカになってしまう可能性があります。それも無自覚のうちに… 身近なところに“バカ”がいる人、もしかしたら自分がそういったバカかもしれないという人、に向けての処方箋のような本。 思ったよりも皮肉は少なめだった印象です。

2018/07/22

hachi18

8つのタイプのバカに分類して書かれてます。また各々のタイプの人とのつきあい方、対処法は、そういう傾向のある人に対して悩んでいるのであれば有効かもしれません。私は実直バカの傾向があるので、気を付けていこうと思います。

2016/12/19

湊士

自分に当てはまるものがたくさんあり、この本に出会えてなかったら今後大変なことになったかもしれない・・・・・・。と思いました。対処法だけでなく、改善方法も書いてあるのでありがたかったです。一読して全く損しない本!

2017/03/25

カメ

スラスラ読めました。腹立つ先輩がいるので役に立つかと思い購入。結局は相手の気持ちが良い様にしてあげるのが一番円滑に回る。見てくれている人は見てくれている。それを信じるしかない。作者の意見には少し違和感。

2016/11/12

感想・レビューをもっと見る