読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

生きてさえいれば (文芸社文庫NEO)

生きてさえいれば (文芸社文庫NEO)

生きてさえいれば (文芸社文庫NEO)

作家
小坂 流加
白身魚
出版社
文芸社
発売日
2018-12-13
ISBN
9784286202006
amazonで購入する Kindle版を購入する

「生きてさえいれば (文芸社文庫NEO)」のおすすめレビュー

あなたの悲しみに愛をもってよりそう――春夏秋冬に彩られた恋愛小説『生きてさえいれば』

『生きてさえいれば』(小坂流加/文芸社)

 発売してわずか6ヶ月で売上20万部を突破し、いまなお多くの読者に感動を与え続ける恋愛小説『余命10年』(文芸社)。作者・小坂流加さんの実体験をリンクさせた胸を打つフレーズと「命」を感じさせるストーリーは、読者に“ひとりの女性の生き様”を刻みこんだ。

 小坂さんは、2017年2月、病気が悪化して亡くなった。同年5月に刊行された『余命10年』は遺作となったのだ。小坂さんの次回作を目にすることができず、残念に思うファンが多かったのではないか。

 ところが、小坂さんは別の作品も書き上げていた。ご家族のご協力もあって出版となったのが、『生きてさえいれば』(小坂流加/文芸社)だ。前作で描かれた「命」と「つながり」をテーマにした世界観は、「感動」という輝きを放ちながら本作でも生き続けていた。

■春夏秋冬に彩られた登場人物たち

 小学校6年生の千景(ちかげ)は、叔母(春桜・はるか)が入院する病院へ何度も足を運んでいた。自殺を考えるほどいじめが辛くて、春桜のお見舞いを口実にしていたのかもしれない。もしくは7年前まで読者モデルとし…

2019/1/11

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

生きてさえいれば (文芸社文庫NEO) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

三代目 びあだいまおう

誰もが羨望し輝く程美しく、純粋で真直ぐな春桜。遺伝性の心臓病で移植ドナーを待つ。姉の冬月との間にある溝を埋めたく、出会った瞬間「結婚しよう」と迫った相手、秋葉。春と冬を繋いでくれるのは夏と秋だから。全霊で愛した。崩れ去った過去。人それぞれ苦悩や後悔を背負っている。僕たちはいくつもの刃を持つ。知らず大切な人を傷付けている刃を。相手の素直を信じられず、勝手に穿って互いに傷つく。重く苦しい後悔。しかし著者は訴える!『生きてさえいればきっといつか幸せが待っている』夭折の著者が読者に贈る魂の言葉。受け止めた‼️🙇

2020/09/24

ソルティ

主人公秋葉が壮絶に負の連鎖で切なくて同情的になってしまう。相手の春桜の方も。「血の繋がり」って結びつける事もあるが縛られて嫌になることもあるなあ。周りの人間も負の感情強いし嫉妬するし恋路も邪魔されまくりなんだか明るい話ではなかったけど、中心の2人は楽しそうで応援したくなって読み進められる。なのにこんな状況ではもう戻ることはできないのか⋯。辛いな。「でも、どんなに鈍感でも、わかるわ。嫌われている人と一緒にいるとエネルギーを使う。何をするにもびくびくしてしまうし、顔色を窺ってしまう。だから余計嫌われるのよ」

2019/09/17

相田うえお

★★★☆☆18114 本を開いただけなのに『余命10年』の余韻や小坂さんの顔が頭に浮かんできて目頭が熱くなってしまいました。本を閉じるまで涙腺は持ち堪えてくれるだろうか?などと心配しましたが、作品のベースは愛と家族の物語。生きていれば という言葉が心に響きました。本の最後にある『編集部による解説』を読んで...後から出てきた原稿だとは思いました。たしかに推敲の程度は荒いと感じますけど、書きたてホヤホヤのナマの原稿を読ませて頂いた様な有難い気持ちになりました。家族と担当された出版社の方々に感謝です。

2018/12/24

モルク

「余命10年」の小坂さん。その刊行前に逝去され、その後ご家族から提供されたのが本作だそうである。心臓病で入院する叔母春桜が、宛先も書かずにいる手紙を見つけた甥の千景は、それを届けるべく大阪に向かう。春桜が読モで憧れの的だった大学生の頃の恋愛。美人で魅力的でなければ、うざいただの痛い人だっただろう。読み進めるうちに、彼女の苦悩、純粋さを知る。余命を覚悟していた作者は彼女に自分を反映していたのかな。私はベストセラーでも恋愛小説をさめた目で見てしまい感動することは少ない。だが本作では素直に涙を流すことができた

2021/09/16

ユザキ部長

繋ぐ。春は冬と。秋は夏に。初めは鬱陶しくて仕方なかった。冬は春の美貌を。秋は夏を招いた母を。この恋を否定したら私は恋が何なのかわからない。やがて季節は巡り雨が降る。そう、生きてさえいれば。あなたの悲しみに愛をもって寄りそう。

2019/04/19

感想・レビューをもっと見る