読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大人の週末起業

大人の週末起業

大人の週末起業

作家
藤井孝一
出版社
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
発売日
2019-05-31
ISBN
9784295403036
amazonで購入する Kindle版を購入する

「大人の週末起業」のおすすめレビュー

副業するなら起業すべし! 気軽に始められる週末起業の方法

『大人の週末起業』(藤井孝一/クロスメディア・パプリッシング)

 筆者は最近、今の仕事と違ったことも始めてみたいという欲求があり、模索中である。ざっくりとしたアイデアはあるのだが、どうも今ひとつしっくりこない。そんなときに見つけたのが『大人の週末起業』(藤井孝一/クロスメディア・パプリッシング)だ。

 先日発表された「老後に2000万円ほど不足する(かもしれない)」問題に衝撃を受けた人は多いのではなかろうか。いや、個人的には多くの人が2000万円では足りないと思う。長引く不況のせいで年金を十分に納めていない人が多いからだ。一時的に困窮した人に向けての免除制度はあるが、中には一切納めていない人もいるという。そしてその前に、2000万円とはどんなデータをもとに算出されたものか疑問だ。

 すでに年金を受給している人に実情を聞いてみると、受給額は小遣い程度であることに驚く。筆者のところにも将来受け取れる受給額の目安などが時折送られてくるが、目を疑うのは確かだ。将来の年金に代わる収入源を確保するためにも、今から何か準備しておきたいという人は多いと思う。働き方改…

2019/7/31

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

大人の週末起業 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Kentaro

自分から仕事を取ろうと、熱心に売り込みをする人もいる。特に、サラリーマン時代に営業経験がある人には、その傾向がある。仕事をくださいとあちこちに頭を下げて回る。これらの売り込みは、スペシャリストの顧客獲得としては、まったく効果がない。それどころか逆効果だ。一番やってはいけないタブーだ。売り込んだ途端、相手はあなたのことをスペシャリストでなく営業マンと見る。人間は買ってくれと言われるほど買いたくないと思う。仕事をくれと言われれば、かえって仕事をあげたくなくなる。特に大人の週末起業で目指すのはスペシャリスト。

2020/06/01

タナカ電子出版

この本は来るべき老後に向けての週末起業を提案してくれる本📚です🎵アラフォー世代をターゲットに書かれた本は熱量よりもスマートな提案本で、おじいちゃん👴の話を聞いているかのような印象♥️表紙も何か緩やかな印象で最後の章では起業で失敗しないように10ヶ条を授けてくれます☺️なぜか、何となく反発せずにおじいちゃんの話だら…と思い込んで読んでほしい本です👀‼️

2019/08/28

Twakiz

コツコツ働いて定年まで会社で尽くしてもその先不安な社会になったのは事実.定年退職後も「稼げる」しくみを自分なりに作っていきましょうという本.「●●コンサルタント」的な働き方が向く人・職業の方ならいいかもしれない.コロナ騒ぎもあり,どこにどんなリスクがあるかわからない世界になりましたね..

2020/06/21

shohei

自力で稼ぐことが大事!それを身につけるために会社にいる今から始めよう!と言う内容の本です。週末起業とは会社に勤めながら週末に自分のビジネスを立ち上げ、軌道に乗ったら独立するという起業スタイルのことです。読者のターゲットは50代くらいかな?と思いましたが早いに越したことはないので若年層でもこの人生100年時代に読んでおきたい一冊。長年のサラリーマンの経験を活かしたコンサル副業がメインの感じでしたが何か始めるにあたってはやはり、自己分析、人生の振り返りが大事だと思いました!自分年表書いてみるか!

2020/08/19

らっそ

結局は踏み込む気持ち。何の専門家?

2020/09/17

感想・レビューをもっと見る