読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

未来を生きるための読解力の強化書

未来を生きるための読解力の強化書

未来を生きるための読解力の強化書

作家
佐藤優
出版社
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
発売日
2021-09-28
ISBN
9784295406044
amazonで購入する Kindle版を購入する

未来を生きるための読解力の強化書 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あすなろ

今の若い世代には間合いや距離感というスキルが不足しており、それは読解力が不足しているからではないか、という佐藤氏の読書法を交えた著書。読書の仕方を半ば大所高所的となり得るノンフィクションや学術書ではなく、小説から学ぶ法を解かれている。その方法は今後普及すると考えらるAIに打ち勝つ法から読み方にまで、そして当然効能迄説かれている。読書の効能として疑似体験・疑って読む・行間を読む等あり、学ぶ事は多数と説く。そして、それは小説から学べる事多数だとも説く。読書に関する効能を得る、読書法を得るには良き一冊だった。

2021/11/07

とある内科医

かつてビジネスパーソンに高校教科書を勧めていた知の巨人は、池上彰氏とともに中学教科書を勧め、高校での授業から中学校で授業をするに至った。 本書は中学生に対する特別講義の書籍化とのこと。 読解力とは、相手の内在論理を知ること。外交上のシグナル、サインという話題にも言及しており、中学生としては刺激的な経験だったに違いない(巻末に「怖かった」など感想集あり)。 最終章では講義のまとめと、メッセージ。目的から逆算して計画を立てること、まず教養の土台を作ること、「受けるよりは、与える方が幸いである」ことなど。

2021/10/01

のっち

☆☆☆★ 佐藤氏の考える読解力とは、単に文章を読み解く力のことではなく「相手を正しく理解し、適切に対応する力」とある。ここに相手が存在し、その対峙した時に発揮する力である点が、これからの時代において私も必要だと感じた。また読解力を磨くためには「要約」と「敷衍」が大切。「敷衍」が本書を読むまではよく分からなかったが、これが出来ないといわゆる行間が読めない状態に陥ってしまう。第三章からは中学生を対象に行った特別講義。三浦綾子の『塩狩峠』を題材に生徒達が議論をたたかわせる。佐藤氏の引き出しの多さにも舌を巻いた。

2021/10/20

元よしだ

読了 仏教の話が特に参考になりました。 以下引用 日本の宗教で、この「信仰即行動」に似ているのは日蓮宗です。日蓮は当時の天台仏教が思弁性に偏り、本来の仏法の力を失っていると批判します。そして行動をとても重んじます。鎌倉仏教は、全体として考えると、宗教としてある意味かなり成熟した体系だと言えると思います。キリスト教的、宗教的な深まりと、神学的な知的葛藤を仏教において形を変えて実現しているとも言えるのです。

2021/10/07

れいまん

漱石の作品で読解力を上げる。 正岡子規こそ、俳句、短歌、詩歌を現代の文学として脱構築し、同時に話し言葉を文学に昇華させた最初の人物。 読書感想文は、「共感」と「違和感」を発表する。 読解力を高めるには、批判的に読む、論理的に読む あと、「要約」と「敷衍」 おまけは、これからの語学は、英語と同程度の中国語が必要になる いつもの通り、これからの若者に惜しみなく知識を授けさせる著者は素晴らしい!

2021/10/01

感想・レビューをもっと見る