読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

古生物食堂 (生物ミステリー)

古生物食堂 (生物ミステリー)

古生物食堂 (生物ミステリー)

作家
土屋健
松郷庵 甚五郎 二代目
古生物食堂研究者チーム
黒丸
出版社
技術評論社
発売日
2019-08-23
ISBN
9784297108199
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

(概要)

※この商品は固定レイアウトで作成されており,タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また,文字列のハイライトや検索,辞書の参照,引用などの機能が使用できません。
※PDF版をご希望の方は Gihyo Digital Publishing ( https://gihyo.jp/mk/dp/ebook/2019/978-4-297-10820-5 )も合わせてご覧ください。


「……古生物って、意外と美味しいんじゃない?」

そう思ったこと、ありませんか?

そんな“憧れ”が実現するお店、それが『古生物食堂』。

この食堂には、古生物が日々持ち込まれる。

……これ、どうやって食べるのかな?

系統(祖先・進化の関係)と生態を伺いつつ、古生物の味を大胆に類推。

大胆かつ繊細な味付けで、古生物たちは「魅惑の料理」へ!

全ての料理にはレシピがついているので、憧れの古生物料理がご家庭でもお楽しみいただけます。


(こんな方におすすめ)

・古生物ファン

・古生物の生態に興味のある方

・生物の生態と味の関係性について興味のある方


(目次)

『古生物食堂』お品書き


古生代編


  • アノマロカリスしんじょう揚げの甘酢餡かけ&みそディップとフィンの素揚げ

  • アグノスタスのお好み焼き風とオレノイデスのみそソース

  • ピカイアの和風オムレツ

  • ユーリプテルスのトマトパスタ

  • ボトリオレピスのピリ辛味噌炒め

  • ディプロカウルスのまる鍋風

  • ヘリコプリオンの中華風餡かけ&肝の旨煮

  • 中生代編


  • ショニサウルスの塩麹竜田揚げ

  • シノオルニトミムスの砂肝アヒージョ

  • エラスモサウルスのネックのスープ

  • パンノニアサウルスの蒲焼き

  • テトラゴニテスのバター風味

  • メタプラセンチセラスのブルスケッタ

  • ヘスペロルニスの赤ワイン煮込み

  • 恐竜の巨大卵の味噌漬け&メレンゲクッキー

  • 恐竜卵のふわっふわ目玉焼き

  • シチパチの麻婆豆腐餃子

  • ヴェロキラプトルのもも肉燻製&手羽中のパリパリ香草焼き

  • セントロサウルスのごぼう巻き&アスパラの塩炒め

  • ピナコサウルスのタンステーキ&皮骨・肉の大根煮

  • ロースト・ヒパクロサウルス

  • 新生代編


  • ガストルニスの天つゆ仕立て

  • アンビュロケタスのバジルソースかけ

  • ペゾシーレンのスペアリブラーメン

  • エオヒップスのタルタルステーキ

  • デイノガレリックスの時雨煮

  • ケレンケンの梅肉蒸し

  • デスモスチルスのカレー

  • ホセフォアルティガシアの豪快ロール焼き

  • メガロドンのオレンジソテー&フカヒレの姿煮