読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あなたの思い出紡ぎます 霧の向こうの裁縫店 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

あなたの思い出紡ぎます 霧の向こうの裁縫店 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

あなたの思い出紡ぎます 霧の向こうの裁縫店 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

作家
高橋由太
出版社
宝島社
発売日
2019-12-05
ISBN
9784299000637
amazonで購入する Kindle版を購入する

あなたの思い出紡ぎます 霧の向こうの裁縫店 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ベイマックス

よかった。泣けるよ。泣ける小説ないですかって聞かれたら、薦められる。ただ、深みは感じられなかった。でも、それでいいとも思った。小難しい言い回しで、心の闇深くまでえぐり出すように表現する小説があってもいいし、こういう作品があってもいいと思う。そりゃ、設定を登場人物たちが安易に受け入れている気はするけどね。◎系統としては、川口俊和氏の喫茶店シリーズと同じ感じかな。

2020/06/19

ぽろん

亡くなった人に一度だけ会わせてくれる裁縫店が舞台。それにしても、主人公の真琴がお人好し過ぎでは⁈と思いつつ、ホロリと読了。これ、続編ありそうですね!

2020/05/23

hirune

う〜ん 悪くはないんだけど、ヒロインの余りのバカ正直さとお人好しぶりについていけない😓禁治産者っていうの?こんな人にお金を持たせたら何度でも速攻繰り返し無一文になり 果ては借金まで抱えて破滅するよね。。もう人里離れていて現世から隠されたような不思議な裁縫店で手厳しい店主に管理されて一生働くしか道はないね!ということでなるようになった結末のお話しでした☆

2020/03/22

keith

祖父から継いだ洋裁店を潰してしまった真琴は、祖父の遺言にあった鳥居の見える裁縫店を訪れる。そこは偏屈な店主が営む幽霊と会える裁縫店だった。様々な事情を抱えた客が死んだ人に会うことで、自分の気持ちにケリをつけ、死んだ人も成仏することになる話ですが、表紙から想像できる通り軽く読めます。

2020/04/22

よっしー

高橋さんの新作。やっと読めました。普段は江戸っ子物語を読んでいるだけに、こんなテイストのお話は新鮮で良かったです。死者と会える不思議な裁縫店。店主は中々に癖のある感じですが、優しいところもあるのですね。真琴も、酷い性格の女性かと思いきや、まさかの理由で…。切なくもほっこりと出来る良いお話でした。

2020/06/17

感想・レビューをもっと見る