読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

すみれ屋敷の罪人 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

すみれ屋敷の罪人 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

すみれ屋敷の罪人 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

作家
降田天
出版社
宝島社
発売日
2020-01-09
ISBN
9784299001221
amazonで購入する Kindle版を購入する

すみれ屋敷の罪人 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ナルピーチ

古びた洋館の庭から二人の白骨死体が発見された。見つかった白骨死体は一体誰なのか。その洋館に住んでいた主と三人の娘、使用人達の間で過去に何が起きていたのか?1人の青年が関係者達の証言を許に事件の謎を紐解いて行く。そして第二部の【告白】によってその真実が徐々に明らかになる。主人と娘達、使用人たち其々の思いによって隠された真実が悲劇を生む。そこにあったのは各々への愛情かそれとも人情か。本作は哀しみに溢れたミステリー。

2021/02/22

utinopoti27

今や廃墟と化した戦前の名家、旧紫峰邸の敷地から見つかった3柱の白骨遺体。屋敷の当主と3姉妹は、東京大空襲の犠牲になったはず。ではこの遺体の主は?本作は、当時を知るかつての使用人たちへのインタビューを中心とした、回想ミステリの形式で進行する。微妙に食い違うそれぞれの証言。彼らは何を隠そうとしているのか・・。「家」を守る、主人に忠誠を尽くす、互いの気持ちを思いやる。本作で語られるのは、まさに日本人的な精神規範に裏打ちされた悲劇なのだ。緻密に練られた構成と流麗な文章が醸し出すノルスタジックな世界観を堪能した。

2020/07/01

❁かな❁

降田天さんの作品を読むのはまだ2作目。戦前の名家、旧紫峰邸の敷地内で2つの白骨化死体が発見された。白骨化死体はいったい誰の死体なのか。かつての関係者にその当時の出来事を聞きながら少しずつ見えてくる。それぞれの証言で二転三転していくのが面白い。思っていたのと違う真実に驚き、真実が切なくて…。ラストの方はじーんとしました。タイトルの『すみれ屋敷の罪人』に納得。「殺人」とかではなく「罪人」。すみれの花で彩られた館に暮らしていた一族の物語。雰囲気も良く儚く美しかった。降田天さんの他の作品も読みたい。

2021/06/08

三代目けんこと

悲しい嘘…。それを守るための嘘……。

2021/08/27

ponpon

お気に入り著者の待望の文庫化。旧家・紫峰家の旧宅から2人の古い遺体が発見され、そこに不審を抱くある人物からの依頼で西ノ森なる青年が調査に動くが、当時の屋敷の関係者は何かを隠している…。第2部での告白で明かされる真相は哀しい。誰も悪人なんておらず、何かを護るためについた嘘。それが不幸の種子を撒き散らし、やがて訪れる不運な惨事。だが焼き払われたはずの菫の一粒の種子が次世代へと命を繋ぐ。期待通りの面白さです。テクニック重視の前作とは雰囲気が異なり、人間ドラマが全面に出て好印象です。次も早期文庫化を期待。

2020/01/13

感想・レビューをもっと見る