読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

証言 ノムさんの人間学 弱者が強者になるために教えられたこと

証言 ノムさんの人間学 弱者が強者になるために教えられたこと

証言 ノムさんの人間学 弱者が強者になるために教えられたこと

作家
古田敦也
宮本慎也
山﨑 武司
赤星 憲広
ほか
出版社
宝島社
発売日
2020-05-15
ISBN
9784299004833
amazonで購入する

証言 ノムさんの人間学 弱者が強者になるために教えられたこと / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ma-bo

野村克也さんに大きく影響を受けた教え子達が、指導者ノムさんを語った本。厳しくも愛情のある教えに感謝の意を示されている。教え子達は引退後指導者や解説者の立場になっている。道標としてノムさんの教えを後世に伝えていかれるのだろう。

2020/06/26

yyrn

野村克也(1935-2020)監督からどんな指導を受け、それが選手時代にどう生かされ、引退後にコーチや指導者となってからどんなに役立ったかなどの思い出話が続くが、各人のエピソードもバラエティに富み、よほど人物を見抜いた指導や戦術だったのだろうな。古田敦也、宮本慎也、山﨑武司、高津臣吾、稲葉篤紀、土橋勝征、飯田哲也、伊藤智仁、田畑一也、鉄平、遠山奨志、川崎憲次郎、赤星憲広、谷繁元信、江本孟紀、野村克則。全員の現役時代を知っているのでなお一層懐かしかった。部下に影響を与える(=人を育てる)って一番凄いことだな

2020/08/23

日の丸タック

野球というスポーツを心から愛し、真正面から真摯に向き合った人だ。 自分にも人にも厳しく、『なぜ?なぜ?』と突き詰めていく。 物事に根拠を持ってあたれ! 私生活で自分も大切に思っている事だ。根拠を持たないと反省も進歩もままならない。 心に刺さる言葉『勝ちに不思議な勝ちあり!負けに不思議な負けなし!』究極に突き詰めた結果辿り着いた境地なのだろう…? V9の巨人監督川上哲治氏が確か『道に乗って勝つ』と言っていた。どちらも…王道、常識を極めた者の重い言葉だ!

2020/07/15

ようはん

ノムさんの死後に刊行されたかつての教え子達の証言集。指導者としてはかなり厳しい人だったんだろうが、各選手の特徴を見抜き活かす事には長けていた事が各人のエピソードから良く分かる。

2020/11/01

たらお

「三流は無視、二流は褒める。一流は非難」この本で証言するヤクルト黄金期の古田、宮本、高津、飯田、土橋、稲葉など、誰もが監督から怒られることはあっても、褒められることはなかったと話している。しかしながら、どの証言も監督にはお世話になったという気持ちが感じられ、戦力の弱いヤクルトというチームが金持ちで強いチームにいかにして勝つかというのをチームで考え、それぞれが自分の判断で動けるようになることで、当時面白い野球を展開してきたことを思い出す。記憶に残る高速スライダー伊藤智からも証言を引き出す編集の良さもある。

2020/07/27

感想・レビューをもっと見る