読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ニーチェもやっていた賢人の瞑想術

ニーチェもやっていた賢人の瞑想術

ニーチェもやっていた賢人の瞑想術

作家
白取春彦
出版社
宝島社
発売日
2020-07-15
ISBN
9784299005175
amazonで購入する

ニーチェもやっていた賢人の瞑想術 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

イプシロン

タイトルからすると少し怪しいスピリチュアル系に思えるかもしれない。しかし、その逆である。『超訳 仏陀の言葉』『超訳 ニーチェの言葉』などでお世話になった著者なので、非常に安心して読める著作だと、自信をもって勧められる一冊。悟りなんて特別なものじゃない。自分とか自分の価値観とか、自分の考えとか、生きる意味とか、これをやる目的とかいうものを棄てれば、誰でもフッと感じられるものだと著者は言う。その通りだと思う。ほとんどの人は無意識に悟りの状態になっていても、それに気づいていないだけということにも同意する。

2020/10/03

Ryosuke Kojika

共通するキーワードとして「自然」。突き詰めていくと同じところに行き着くんだろうなぁ。価値観を疑え。価値「観」という観念に囚われず、本当の「価値」を追求しよう。教育者としては、「価値観」を教えるのではなく、「価値」そのものを一緒に考えたい。ブーバーに興味。

2020/11/04

smatsu

著者は心理学者。内容的には古今の思想家、文学者などの著作の中から瞑想的体験と思われる部分を拾い出し、禅でいう「悟り」の心理状態とは何かを検討する。それは一部の神秘思想家が言うようなオカルト的な(或いは薬で得られるような)変性意識状態のことではない。悟りを経験しても生活は変わらない。奇跡的な変身などない。ただ生活は丁寧になり、悲しみは弱まり、喜びは増える。脳で何かを理解したり知ったりするわけではなく全身で世界を体験して知る。それこそが、この世界に生きていることの意義であり、人生の唯一にして最大の意義だという

2020/08/12

おさと

「瞑想」に対しての意識が変わった。今までは、目を閉じて、あぐらをかき、坐る、といった固定概念をもっていて、どこかで少しとっつきにくさを感じていたが、コレを読んだことによりやはり自分には関心がるのだと再認識できた。子どもがゲームをやるようになった。経験をするという意味では悪いことではないが、いつか「時間の無駄だったな。もっと楽しいことは山ほどあった。」と気付いてほしい。日の出とともに起き、日没とともに眠る。いつも裸足でいたい。自然の中での人間という生活を私はしたい。

2021/01/08

Go Extreme

観照:ありのままに見る 瞑想:思考せずに集中している状態 超越・悟り:観照と瞑想が深くなる  目的意識や方法を手放したとき、悟りは不意に訪れる 自然の中での瞑想 禅定・無思考の瞑想 ゲーテ:溶け合う人 経験が透明になるほとの集中 集中により全身で今ここに生きる 禅=生き方の洗練 純枠経験:見る・見られる側の境界が存在せず 身心脱落 最大のメタ認知の場所 事実に境い目なし  観念を持つ→煩悩→迷い 不立文字 意味があるかのように人が見ているだけ 世間の素材だけでできている万華鏡 無我・無心 ソリチュード

2020/08/20

感想・レビューをもっと見る