読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

不連続な四つの謎 『このミステリーがすごい! 』大賞作家 傑作アンソロジー (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

不連続な四つの謎 『このミステリーがすごい! 』大賞作家 傑作アンソロジー (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

不連続な四つの謎 『このミステリーがすごい! 』大賞作家 傑作アンソロジー (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

作家
海堂尊
中山七里
乾緑郎
安生 正
出版社
宝島社
発売日
2020-06-04
ISBN
9784299005878
amazonで購入する

不連続な四つの謎 『このミステリーがすごい! 』大賞作家 傑作アンソロジー (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ナルピーチ

このミス大賞作家4名が描く傑作アンソロジー。どの作家さんも初読でドキドキとワクワクが尽きない!ある有名女流ピアニストの死の真相に迫る中山七里の『残されたセンリツ』過去の火災事故と現在の誘拐事件をSF調で描いた乾緑郎の『黒いパンテル』大都会、新宿を襲う猛吹雪の中でのサバイバル!安生正の『ダイヤモンドダスト』寝台特急で起こる密室殺人事件、犯人は六人の女性達の中にいる!?海堂尊の『カシオペアのエンドロール』各話の間に挟まれたたった1頁の幕間により各々独立していた筈の話が見事に繋がっていく様は圧巻の一言!

2020/09/30

麦ちゃんの下僕

僕にとっては、4名の作家さんは皆さん“初めまして”…そういえば、アンソロジーを1冊丸々読んだのも初めてかもしれません(笑) 僕は純粋に“謎解き”を楽しみたい人間ですので、そういう意味では中山さん&海堂さんの作品がとても面白かったです!文庫化にあたり、各々独立した作品を各作家さんが書き下ろしの「幕間」で繋ぎ、最後に海堂さんが「終幕」で締めたということですが…この「終幕」に、僕は戦慄してしまいました!何と、ここ数年まさに僕が感じていたことが書かれているではありませんか!?海堂さん恐るべし!(各作品の感想は↓)

2020/06/12

momi

アンソロジー♬女流ピアニストの死の真相の中山さんの作品はさすが!と思わせる上質なミステリーでとても良かったです!!特撮ヒーローだった男の周囲でおきた不可解な誘拐事件の謎に挑んだ乾さんの作品はお父さんが娘を救出する為にヒローになる姿にほっこりしましたし…いい意味でとっても不思議な世界観を楽しませていただきました!!とっても贅沢な短編集です♬

2020/06/17

イオちゃん

4つのミステリー短編集。リサイタル後のピアニストの服毒死、元特撮ヒーローに降りかかる過去の火災事件、爆弾低気圧による大雪に行き場を失い、新宿で生死を彷徨う会社員、寝台特急での密室殺人と、バラエティに富んだ物語も面白かったが、幕間につなぎが入ることで、より読みやすさが加わり、海堂さんの終幕は見事!楽しめました。

2020/06/22

坂城 弥生

中山七里さん以外の作家さんは初読みに近いと思う。どの作品も良かったし、繋がりが面白かった。

2020/07/28

感想・レビューをもっと見る