読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

俺たちのプロレス名勝負読本

俺たちのプロレス名勝負読本

俺たちのプロレス名勝負読本

作家
アントニオ猪木
天龍源一郎
ビビる大木
神田 伯山
テリー伊藤
ほか
出版社
宝島社
発売日
2020-11-26
ISBN
9784299011145
amazonで購入する

俺たちのプロレス名勝負読本 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

aloha0307

あ~面白かった☺☺ 各界著名人が、思い入れを込め名勝負を一つ挙げます 関根勤さん談に昭和40年代の記憶が疾風怒濤押し寄せます⚡ 「全国3000万のプロレスファンの皆さん ただいまリングを掃除しているのは、三菱電機(大スポンサー):風神でございます」~懐かしい❣ モノマネしてた馬場さん(カックラキン大放送での赤トランクス❣)とのやりとりはホント抱腹絶倒☺☺ 年月を経て2000年代半ば 外資系銀行時代、この業界と金融で関わるとは予期してなかったなあ☺

2021/02/28

ルーシィー

芸人の方たちの入れ込み方に感銘。特に東京03豊本さん、関根さん。

2021/02/19

Tak

レスラーを含むプロレスを好きな人達が選んだベストバウト。現在のプロレスはあまり選ばれないもんだなと。 ちなみに個人的にはやはり武藤VS高田の最初の東京ドーム。ここで決め技として4の字固めをチョイスする所に武藤のセンスを感じました。

2021/01/31

安土留之

 5人のレスラーを含む33人がそれぞれの名勝負を語っている本。第1章はレスラー5人が名勝負を語っており、当事者の率直な思いが語られており、面白かった。でも、あとは芸能人やプロレスライターが思い出を語っているのだが、個人的な思い入れの色彩が強く、自らの個人史を語る神田伯山(力道山VS木村正彦)とマイナーな試合への思いを語る金沢克彦(橋本真也VS栗栖正伸)以外はいまひとつかな。

2021/01/27

はなちゃん。

やはり天龍の評価が高い。神奈月の文章良かったな。レイザーラモンたちは、プロレスが人生そのものだね

2021/01/19

感想・レビューをもっと見る