読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

女子大生風俗嬢 性とコロナ貧困の告白 (宝島社新書)

女子大生風俗嬢 性とコロナ貧困の告白 (宝島社新書)

女子大生風俗嬢 性とコロナ貧困の告白 (宝島社新書)

作家
中村淳彦
出版社
宝島社
発売日
2021-05-10
ISBN
9784299014733
amazonで購入する Kindle版を購入する

女子大生風俗嬢 性とコロナ貧困の告白 (宝島社新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

lily

統計ではなく18人のみのインタビューだから、若いし、そんな人生もあるよね。でも、身を削ったことも無駄にはならないだろうし、これからどう活かすかが大事。どんな仕事していようが自分で自分を認めてあげられることができれば何も怖くない。

2021/06/11

でら

コロナと売春の関係というものが全く想像できなくて購入しましたが、思ったより深刻なんだなという印象でした。自分は幸い親が学費を出してくれていますが、出してくれない人のことを考えていなかったなという自分の考えの浅はかさを反省するとともに、こんなに多くの男女学生が生活に困窮しているということにも目を向けていきたいし、より色んな境遇の方を見て、そんな人たちの体験も糧にしていきたいなと思えた。

2021/05/24

たか

性産業への参入がとても容易になり、社会環境がより拍車をかけている。性風俗は需要と供給の関係。お互いのニーズがマッチするから成り立つ産業ではあるが、生活するためにやむを得ず性産業で働く人は本当に大変で辛いことだと思う。ただ単に本人の自己責任では片付けられない社会問題だと思う。

2021/06/23

耄碌先生

★★★☆☆75点

2021/06/29

感想・レビューをもっと見る