読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

合唱 岬洋介の帰還 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

合唱 岬洋介の帰還 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

合唱 岬洋介の帰還 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

作家
中山七里
出版社
宝島社
発売日
2021-06-04
ISBN
9784299016751
amazonで購入する

合唱 岬洋介の帰還 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

美紀ちゃん

これは本当に保存版!興奮する内容。おー!えー!っていうポイントがいくつかあってビックリする。序盤のあの場面で[Alexandros]の川上洋平さんが思わず水をこぼしてしまうのもわかる。中盤も他のストーリーで主役級の登場人物が出てきて本当に、おぉ〜!となる。例えば御子柴弁護士とか、犬養隼人とか綾野剛だし。オールスター夢の共演。ワクワクした。事件についても、やっぱりね!と、スカッとした。巻末にある、これまでの中山作品・登場人物相関図がすごい。56冊分。番号も出ていて、誰がどこに出ていたのかが、わかりやすい。

2021/09/15

ponpon

岬洋介シリーズ。司法修習生同期の天生検事が取調中の被疑者銃殺容疑で逮捕。10年前の約束を果たすべく岬が動く。過去の主要登場人物がほぼ登場する豪華な布陣。そして読者ならば、期待したことはあろう対峙の構図には痺れました。犯行可能な人物が極端に限定されるので真犯人あては容易だが、死亡した被疑者含め犯行動機の捜査は二転三転し読み応え十分。天生にとっては災難な事件だが、大衆の処罰感情で刑の有無や量刑が左右される社会は嫌だな。巻末付録の既刊人物相関図が更新されていて嬉しい。大満足の一冊です。

2021/06/08

チョコ

ひょんなことから購入したら、これまでの主人公がどんどん出てきて、えーー!岬洋介が一番好きだけど、親として岬検事にもものすごく共感してしまいました!何を大切にするか芯を持つ人生がほんとに素晴らしい。こうありたいと思います。今回は色々実際の事件と重なる事も多くて、本当に皆の気持ちを代弁してくれていて、感情移入しやすい!オールスター共演でなんとも豪華!中山七里さんのガイドブックのようにこれまでの登場人物の相関図やあらすじも出ていて、超保存版!

2022/05/19

ワレモコウ

幼稚園を襲撃し、5人を斬殺した仙街不比等は覚醒剤常用者。担当になった天生検事は取り調べ中意識を失い、気がつくと目の前の仙街は銃殺されていた。天生を救うため、約束通り岬洋介が帰還する。 依頼したのはまさかの御子柴弁護士。対するは岬恭平検察官。渡瀬・古手川刑事のコンビや、犬養刑事、光崎教授、宏龍会の山崎まで登場して、まさに夢の大共演!いや大合唱か⁉︎とうとう父親の土俵で勝つことができたし、あの御子柴も調子が狂ってたし…もしや洋介が最強キャラなのか(笑)

2021/10/12

sin

あの刑事が、検事が弁護士が出るわ出るわ(笑)、なんとも贅沢な顔ぶれが…と思ったら、デビュー十周年記念興行、いや長編!さて、被疑者を除けば犯行可能な人物はただ一人…サスペンスドラマ並みに犯人はすぐわかるので、今回だけは派手などんでん返しはないだろう?いや一番のどんでん返しがあるとしたら洋介&御子柴、この最強のタッグが敗れることかも?などと却ってヤキモキしながら読み終えました。巻末には中山作品🔹人物相関図付き

2021/06/07

感想・レビューをもっと見る