読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

平尾誠二 自分を変える120の言葉 (宝島SUGOI文庫)

平尾誠二 自分を変える120の言葉 (宝島SUGOI文庫)

平尾誠二 自分を変える120の言葉 (宝島SUGOI文庫)

作家
平尾誠二
出版社
宝島社
発売日
2021-05-11
ISBN
9784299016836
amazonで購入する

平尾誠二 自分を変える120の言葉 (宝島SUGOI文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くま

元日本サッカー代表監督岡田さん曰く、平尾さんは「いろいろな人から自分にプラスになる話をうまく吸収するのが得意だった」とのこと。そんな平尾さんの言葉を120個集めたのがこの本。スポーツ選手も社会人も同じ、自分を成長させるために何が必要か、またコーチ(上司)は何を良しくすべきかなど分かりやすく書いてあるのが良かった。

2021/06/21

テイク

実は、平尾誠二氏にもラグビーにも深い関心の無い自分。 ふと手に取って読んでみたが、腑に落ちる言葉が多い。 文化系の自分は、昔は体育会系は考えないと勝手に失礼な思い込みをしていたが、こういった本を読むと、内にこもりがちな自分のような者より余程頭を使っていると考える。 ・力は貯めようとすると減る ・変化する時は思い切った発想で実行 ・あかんと思うのは、我慢すれば出来ることをしない奴 ・人の責任にする奴は伸びない ・自分が変わることによって周囲も変わる ・勤勉が美徳とする価値観は正しいのか これらに付箋を付けた

2021/12/21

感想・レビューをもっと見る