読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

証言 初代タイガーマスク 40年目の真実

証言 初代タイガーマスク 40年目の真実

証言 初代タイガーマスク 40年目の真実

作家
佐山 聡
髙田 延彦
藤原喜明
グラン浜田
ほか
出版社
宝島社
発売日
2021-06-29
ISBN
9784299017413
amazonで購入する Kindle版を購入する

証言 初代タイガーマスク 40年目の真実 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

akihiko810/アカウント移行中

初代タイガー・佐山聡の関係者と本人に取材した本。印象度A  佐山、高田、藤波、新間、はては佐山の息子にまでインタビュー。「天才」佐山の実像を多面的にあぶり出す。 息子が語るには、佐山は「格闘技の未来にしか興味ない。自身の過去にすら興味ないから、語りたがらない」とのこと。今は「佐山道場」という道場を運営して後進の育成をしているらしい。まだまだ「格闘技」道を邁進していくつもりで、カッコいい漢なのだと思った。この本で正直、今までの「佐山像」が変わった。

2022/01/26

ツバメマン★こち亀読破中

【干支本で年を始めませんか?(2022年は寅♪)】圧倒的な実力で、爆発的な人気を得た初代タイガーマスク。しかし、周りの大人達の思惑に翻弄されたり、自らの理想の追記のために、次第にメジャーな舞台から離れていく。そしてデビュー40周年を迎え…。佐山サトルが、そのまま新日本プロレスに残っていたら、現在のプロレス界も随分違った形になっていただろうな…プロレスファンとしては、できるそんなことを考えてしまいます!

2022/01/22

qoop

ここ四〜五年で初代タイガーの往時を振り返る本が複数出版されているが、佐山氏が療養中であることを考えると宜なるかなとも思う。本書は氏と当時を知る関係者からの証言を集めたものだが、このシリーズにしては珍しく証言に差異が少ないと感じた。しかも高田、藤原、山崎というメンツで! UWF三派のような骨肉の争いめいた感情を引きずる関係性(今ではそれも過去だという人々も少なくはないだろうが)ではないということだろうか。

2021/08/03

ナリボー

7/10 佐山タイガーがいかに傑出した存在かがしっかりと示されていて、目新しい情報は特になかったが面白く読めた。

2021/12/13

サイマ

目新しい内容はありませんでした。確か1800円したんだけど内容の割には高い…

2021/10/19

感想・レビューをもっと見る