読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

最高の死に方 (宝島社新書)

最高の死に方 (宝島社新書)

最高の死に方 (宝島社新書)

作家
近藤誠
出版社
宝島社
発売日
2021-06-10
ISBN
9784299017635
amazonで購入する Kindle版を購入する

最高の死に方 (宝島社新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Go Extreme

安楽死で死にたいという願い:自殺ほう助 安楽死が認められる条件 安楽死と尊厳死は紙一重 日本で実施されている安楽死:実質的な安楽死 延命治療で失われる尊厳:延命至上主義 生かされ続ける 栄耀補給方法 現場スタッフは延命を受けたなくない 病院経営 医療から遠ざかるという選択:自然死 老衰死  いまの時代のさまざまな死に方:がんで自然に死ぬ  がん治療は苦痛死を引き寄せる:人間ドックで命を縮める 不要なクスリはボケ早死にのもと:ボケと認知症 薬づけ 過剰処方 ぼくにとって最高の死に方 リビングウィル

2021/07/19

感想・レビューをもっと見る