読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

チョコレート革命

チョコレート革命

チョコレート革命

作家
俵万智
出版社
河出書房新社
発売日
1997-05-01
ISBN
9784309011332
amazonで購入する

チョコレート革命 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

再読。『サラダ記念日』の鮮烈なデビューから10年。万智ちゃんも、もうすっかり大人の女に。今回まとめられた歌集にはカルカッタやラ・マンチャといった紀行詠も含まれるが、ハイライトは何といっても恋の歌。もちろん、大人の恋だ。しかも、そこに不倫の臭いを漂わせて。「幾千の種子の眠りを覚まされて発芽してゆく我の肉体」、「水蜜桃の汁吸うごとく愛されて前世も我は女と思う」。ここに詠われている男たち(おそらくは複数。彼女は恋多き女なのだ)との恋には終着駅がない。それ故にまた恋はそのままで自己完結せざるを得ないのだ。

2016/07/22

kaizen@名古屋de朝活読書会

#俵万智 #短歌 スペインの言葉あるときなつかしく白い風車は白い風車(モリノブランコ)= molino blanco #返歌 Blanco re-fleja toda la luz. Los molinos giran en el viento. Durante.

2016/06/15

おくちゃん🌿柳緑花紅

<男ではなくて 大人の返事をする君に チョコレート革命 起こす>摩擦を避けるための知恵。自分を守るための方便。相手を傷つけないためのあいまいさ。それが大人の言葉。もしも言葉が大人の顔をし始めたら。。。。。今回も俵万智さんの世界が沁みました。

2013/07/21

ふみ

生まれて初めて歌集を読了 ҉٩( ¨̮ )۶҉いいのか悪いのかさっぱり分からず。(教養のないせいなのですが)俵万智さんも ダメ男キャッチャーに違いないと確信したのでありました。

2014/09/20

藤井寛子

『男ではなく大人の返事をする君にチョコレート革命を起こす』古本屋で俵万智さんの詩集を発見!国語の教科書でサラダ記念日に出会った時からずっと好きで、うたいつづけてきてます!可愛くて、切なくて共感できる!あとがきで『出会うタイミングが合わなかったとか無い物ねだりだ。出会ったこと自体が奇跡だ』という言葉を読んで共感しました。切ない詩でも両思いの詩でも素敵な詩を書けるほどの出会いって確かに素晴らしいと思う。

2015/09/28

感想・レビューをもっと見る