読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

電波兄弟の赤ちゃん泥棒

電波兄弟の赤ちゃん泥棒

電波兄弟の赤ちゃん泥棒

作家
村崎百郎
木村重樹
出版社
河出書房新社
発売日
1998-12-01
ISBN
9784309012476
amazonで購入する

電波兄弟の赤ちゃん泥棒 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

グレ

crook=泥棒。obsession=固定/強迫観念。My brother has letter.=私のブラジャー外れた。特殊漫画家・根本敬氏の漫画読んでみたい。ユリイカ別冊悪趣味大全1995*4月も。福岡municipal library書庫納

2016/05/14

澤水月

98年。根本敬、安田理央、祖父江慎ら非カタギお宅の赤ちゃん訪問記。<長い髪が不思議かい?実はおじちゃんはおかまなんだよ!,俺流のカットアップ・メソッドだ。本以外からも学べる事はたくさんある,(子殺しに)そういう親でも生まれた時には可愛がりもしたと思う…人間同士の憎しみを増幅させ悲惨な状況を発生させてしまう”何か”に本当に腹立つ!,俺に限らずメディアの言葉を簡単に信じるなと読者に言いたい。嘘も書けるのが言葉なんだぜ>…名言続出。赤ちゃんもいいなと気楽になり子供を作った若き業界人多かったのじゃないかな当時。

2010/09/04

感想・レビューをもっと見る