読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

凶鳥の黒影 中井英夫へ捧げるオマージュ

凶鳥の黒影 中井英夫へ捧げるオマージュ

凶鳥の黒影 中井英夫へ捧げるオマージュ

作家
赤江瀑
有栖川有栖
嶽本野ばら
恩田陸
笠井潔
菊地秀行
北村薫
北森鴻
倉阪鬼一郎
竹本健治
津原泰水
鶴見俊輔
中井英夫
長野まゆみ
三浦しをん
皆川博子
森真沙子
山田正紀
本多 正一
出版社
河出書房新社
発売日
2004-09-11
ISBN
9784309016658
amazonで購入する

ジャンル

凶鳥の黒影 中井英夫へ捧げるオマージュ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

那由多

あまりにも豪華な作家陣が中井英夫に捧げるオマージュ。ずっと前に『虚無への供物』を眠い目を擦りながら読んだっきり。それでも各作家に中井英夫がもたらした、陶酔の一部を分けてもらった気分だ。

2021/01/12

藤月はな(灯れ松明の火)

とらんぷ譚シリーズ、「虚無への供物」に登場するキーワードや登場人物、名台詞などの登場にニヤリとすること、間違いなしのオマージュ作品集。中井英夫氏と本を介して、人を介して、または直接、出会った人々が紡ぎ出す隠微と物語の虚無と天帝の捧げ物としての誇り、現実の反転性が読者を捕えて離さない。中井英夫氏の年譜や作品の一つである「黄泉戸喫」、表紙には中井英夫作品を彩った建石修志の装画と豪華です。「虚無への供物」や「虚無への供物」へのリスペクト「天帝のはしたなき果実」などが読みたくなりました。

2012/01/18

辛口カレーうどん

中井英夫氏の小説は、読んだ事がないが近々読もうと心に決めた。どの方も気迫を感じるほど、中井氏へのリスペクトを感じた。

2015/08/14

blue_elephant

中井英夫氏に捧げる錚々たる作家たちの愛、尊敬の念。中井英夫氏の代表作、三大奇書のひとつといわれる「虚無への供物」に捧げる短編やエッセイ。贈られた薔薇と一緒に撮られた口絵の写真がとても素敵で、中井英夫氏が生きてこられた世界を追随することでしか味わえないのがとても残念だけれど、中井氏の描かれる世界の血を受け継いだ作家たちの作品を読めることが悦びでもあります。皆川博子氏、津原泰水氏の短編は以前読んだこともあったが、このひとつに纏められた世界観の中で再読すると、また違う趣きで愉しめました。

2019/05/07

バル

気合入りまくりで思いが詰まってますね。だからこそ重い。ほんとに重かった。「一行でも腐っていてはならない」。まさに目に映る映像も音も匂いも感じられるものはすべて感じられる作品ばかりでした。特に野ばらさんは好きですね。

2012/01/10

感想・レビューをもっと見る