読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

イン ザ クローゼット blog中毒 下

イン ザ クローゼット blog中毒 下

イン ザ クローゼット blog中毒 下

作家
藤原亜姫
出版社
河出書房新社
発売日
2008-12-01
ISBN
9784309018942
amazonで購入する Kindle版を購入する

イン ザ クローゼット blog中毒 下 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ステビア

この熱気!疾走感!すばる文学賞とか取ってそうw傑作。見逃すなよ!

2014/05/24

P

唯一夢中で読めた携帯小説。4年近く前に読みました。 この小説が連載されていなかったら、モバゲーは入会してそうそうに放置していたと思います。自分の命を削る事を厭わないくらい目的に邁進する姿は、その目的が何であれ、崇高で美しい。 しかし続編でマユマユが出て来なかったのが寂しかったです。あと続編での中川さんの行動も不可解。やっぱりオリジナルのこの作品が一番です。

みんと

ガラケー時代にモバゲーで読んだ携帯小説。当時はTwitter、フェイスブックなどはまだ無かったと思う。SNSと言うワードも馴染みが無かった。主流はブログ。主人公の狂気、執着が怖いし馬鹿だなぁと思いながら読んだけど、どこか憎めず切ない。書下ろしが読みたくて本も購入。

ゆーちん

ほんとにすごかった。読後感がすごい。今までにない感じ。生々しい。レイナは無茶苦茶だったけど、自分の無茶苦茶さをきちんとわかってる。そんな人も実際は少ないんだろうなと思った。ナルミ貯金少なすぎてびっくり。笑 中川さんもブログ中毒やったんはガッカリ。

2019/05/17

あゆみ

文庫化される時に、ある携帯サイトで似たような出来事が繰り広げられていて、それは妖怪大戦争と呼ばれていて、毎夜毎夜所謂祭が繰り広げられていた。 1人1人登場人物のキャラが濃く、するすると読める。 ワンパターンのケータイ小説とは違って、これは本当に面白い。

感想・レビューをもっと見る