読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

デビュー作を書くための超「小説」教室

デビュー作を書くための超「小説」教室

デビュー作を書くための超「小説」教室

作家
高橋源一郎
出版社
河出書房新社
発売日
2015-03-21
ISBN
9784309023618
amazonで購入する

デビュー作を書くための超「小説」教室 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓@勉強中

新しい書き手への敬意に満ち溢れた一冊。本作を読んで「これで書けるぜ!」と思った方がいるとすれば、相当高いレベルなのではないか。

2018/09/14

りー

そろそろ僕も満を持して小説家デビューを目指したりすることはないのだけれど、選考委員の小説の読み解きに興味があって読む。僕は理系人間だからか、ひとつの小説の中で起こっている出来事を理解することは出来ても、それを書いた作家を読むことは出来ない。僕が文学部の人達に感じる一番の憧れがそこであるわけなんだけども、なるほど作家というのは物語を読んでいるようでそうではなかったのか。小説家を目指す人達がバイブルにするような本ではないけれど、高橋源一郎の小説の読み解き方はおそらくここに全て書いてあるのだと思う。面白い。

2015/07/31

メタボン

☆☆☆☆ 高橋源一郎からはいつも小説への愛を感じさせられる。新人賞の選考を通して、「小説の可能性」について問うている。その眼差しがとても良い。ゆえに彼が推す作品は読みたくなってしまうのである。良い書き手は良い読み手でもある。

2015/06/23

しぃ

大変失礼なんですが、新人賞の人の話って特に面白そうじゃないことも多くて、どうしてかなあと思っていました。そういう基準で選ばれてるからか!と腑に落ちた。審査員をしている作家さんはとても優しいというのがよく分かります。同じ読むという行為でも、私達とは見ているところが違うなあ。為になりました。

2016/02/11

梟木(きょうぼく)

信頼のおける現役選考委員による、どこから読んでも目から鱗の「新人文学賞」教室。あくまで一個人の見解とはいえ新人賞の選考について作家の口から語られること自体が稀であるし、試みとしても面白い。「文学賞の個性を決めているのは賞ではなく集まった作品」「完成度より可能性」「[受賞作なし]は選考委員のイジワルではない」などなど、実際に選考に関わっている人間ならではのアドバイスも多く参考になった。それでも新人にできるのは、自分を信じて目前の作品を書き上げることだけなのかもしれないけれど。

2015/03/26

感想・レビューをもっと見る