読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

逆さに吊るされた男

逆さに吊るされた男

逆さに吊るされた男

作家
田口ランディ
出版社
河出書房新社
発売日
2017-11-11
ISBN
9784309024820
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

地下鉄サリン事件実行犯の死刑囚Yと交流する作家が行き着くのは、未だ謎多きオウム事件の真実か、それとも……人間の偽善、傲慢そしてグロテスクな自我を抉り、その先にある再生を描く衝撃作。

「逆さに吊るされた男」のおすすめレビュー

オウム真理教とは何だったのか。地下鉄サリン実行犯・死刑囚Yとの交流の末に辿り着いた真実

『逆さに吊るされた男』(田口ランディ/河出書房新社)  オウム真理教とは、地下鉄サリン事件とは、一体何だったのか。1995年(平成7年)3月20日、阪神淡路大震災から約2か月後のことである。午前8時頃、通勤ラッシュの営団地下鉄(現東京メトロ)の車両内で、化学兵器として使用される神経ガス「サリン」が撒かれた。死者は13人、負傷者は約6300人といわれている。東京消防庁が所有するスーパーアンビュラスという超大型の救急車が出動し、担架で次々と搬送されるサラリーマン。当該車両に入り除染をする、ガスマスクを着けた陸上自衛隊員。今もなお後遺症に苦しむ被害者。どれも日本の歴史に深く刻み込まれた、忘れてはならない凄惨な光景だ。

 この凄惨なテロ事件を、私は“歴史”として学んできた。事件当日、私はまだ言葉も知らぬ0歳児だった。バブル崩壊ののち、阪神淡路大震災、地下鉄サリンと、完全に元気を失った後の日本とともに歳を重ねてきた世代だ。「頭のおかしな集団が、頭のおかしな動機でテロを起こした。実行犯は狂気の殺人マシンだった。」本当にそうなのか。それだけで片付けて、風化さ…

2018/1/11

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

逆さに吊るされた男 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケンイチミズバ

新興宗教に引っ掛かる人には共通項がある。アムウエイみたいなビジネスも極端な断捨離、変な右も左もみな裾野の広い新興宗教の延長線上にあると私は思っている。キリストも親鸞にも天夢の啓示があったそうだ。凡人にも神が降りてきたはよくあることだ。ただの夢や自然現象を思い込みや勘違いかもしれないと普通なら終わらせる。自分を神だとか教祖だと名乗るいかがわしさが私は大嫌いだ。大衆を信じ込ませる屁理屈の上手さは政治も同じだが。真実は知らない。カルトの暴走くらいにしか。殺人を勝手な解釈で正当化するのはジハードと同じテロと同じ。

2018/01/15

Miyuki Usa

始めにノンフィクションなのかフィクションなのかごっちゃなのか分からずに読み始めたのですが、読み終えてもなんなのか分からずじまい。著者がオウム(麻原)に対して徐々に主観的で感情的になってきて妄想めいてきて、読者はおいてきぼりで煙に巻かれてフェイドアウト。物語でも構わないから責任持ってまとめなさいよ。(笑)

2018/10/05

Tsuyoshi

主人公である女性作家が地下鉄サリン事件で死刑囚となったYとの手紙や接見でのやり取りを通してオウム真理教やサリン事件など一連の出来事に迫っていく話。事件前に引きこもりの兄の心の闇に触れているだけに主人公がオウム真理教の内面世界や引き寄せられた人々に興味が湧いていったのも自然な事かもしれない。オウムだけでなく他の宗教や陸軍、原爆にも触れられており、自らが持ち得ないエネルギーへの渇望が人々を狂気に駆り立てていく根底にあるのかなと思った。

2018/01/22

それいゆ

オウムにのめり込んだ作家の話だと解釈すればいいのでしょうか?地下鉄サリン事件、麻原の生い立ち、教団の性格などを今解明しようとして、それが何か意味があるのでしょうか?オウム真理教を賛美しているような内容になっており、嫌な気分になりました。真剣に読もうという気にはなれませんでした。

2017/12/30

そうたそ@吉

★★★☆☆ 地下鉄サリン実行犯であり死刑囚のYとの交流をもとに世紀のオウム事件を描く私小説。読み始めは、著者自身が主人公の作家・羽鳥と重なるようであったが、中盤から羽鳥が暴走し始め、陰謀論めいたものを語りだしてからは、やはりこれはフィクションなんだなあ、と。興味深いのは死刑囚Yのモデルとされる林泰男による供述の数々。だがフィクションである故、どこまでが彼の言葉なのかは正確に判断しづらい。中盤以降は特にそれが顕著で羽鳥の手紙により終わる本作では結局林泰男の話は作品の1ピースに過ぎなかったのかと。そこが残念。

2018/08/01

感想・レビューをもっと見る