読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヴィオレッタの尖骨

ヴィオレッタの尖骨

ヴィオレッタの尖骨

作家
宮木あや子
出版社
河出書房新社
発売日
2017-09-14
ISBN
9784309026039
amazonで購入する Kindle版を購入する

ヴィオレッタの尖骨 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

久々に宮木あや子を堪能した。4話ともぞくぞくさせるほど美しく、そして痛い。この4話の登場する『おんな』のどれかに私も属するのだろうか?そう、自分に問いかけるかもしれないが、哀しいかな美しい時はあまりに短く、青き尖った時もはらはらと握りしめた砂がこぼれる時間ほどもないのだ。手の平にはわずかに幾粒かの名残だけがある。それが逆に過ぎ去りし日々を甘美で魅惑なものと際立たせるのかもしれない。いえいえ、私にはそんな思いは欠片もないのですよ・・

2017/10/01

モルク

10代のまだ大人とは言えない少女たち。閉鎖的で、それでいて壊れやすく繊細で危うい、そしてそこはかとなく官能的。結構好きな世界観。ただ、なかなか描写が残酷。残酷ものは基本的に好物だが、ちょっと狂気に近かったので引いた。残酷と純粋は紙一重なのか。

2018/05/18

うどん

あまり好みじゃありませんでしたがなんとか読了。

2017/10/13

巨峰

少女少女少女。宮木さんのA面。余談ですが、最後の「紫陽花坂」でてくる女子の名が軒並み「~子」で誰が誰だか解りにくかった。キラキラネームがいいとは言わないけど、~子ばっかりというのもどうなんだろうねと。どうにも没個性的やん。

2017/12/22

なゆ

これぞ宮木さんのドA面どっぷり。4編どれもが、少女たちの妖しくてほの暗くてそして痛々しい世界。狂気すら垣間見えて。それぞれの閉ざされた世界で、ゆらゆらとひらひらと。「あなたの痛みがわかるのはわたしだけ」そんな想いが濃厚すぎて、酸欠になりそうだったほど。いや、いくつも混じり合った香水の香りに酔ったような感じか。ふう。一番短かったけど、意外に『針とトルソー』が印象に残った。途中ヒヤッとしてラストに向けてもヒヤヒヤして切なくて。これで良かったような良くないようなと、モヤモヤするけど。もう一度、ため息ふう~。

2017/10/01

感想・レビューをもっと見る