読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

君の唇に色あせぬ言葉を

君の唇に色あせぬ言葉を

君の唇に色あせぬ言葉を

作家
阿久悠
出版社
河出書房新社
発売日
2018-08-11
ISBN
9784309027258
amazonで購入する Kindle版を購入する

君の唇に色あせぬ言葉を / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

aloha0307

ちょっと いや かなり気障な(butカッコいい)表題 図書館新刊コーナーで見つけた(嬉しい邂逅)北の宿から UFO また逢う日まで♪etc多数.あの阿久悠さん著作の断片集。 作詞家としてしか知らなかった己に猛省です。一文一文がほろ酔いの今、こころにdirectに突き刺さってくる。「個性とは奇異で目立つことでなく、その人の最も自然な状態を言います」「自分の出来ないことを出来る人を変人扱いしたことはありませんか」.ジュリーの カサブランカ・ダンディ♪ これも阿久さん作詞だろう 本書読めば調べなくたって分かるさ

2018/09/22

かわうそ

こういう、モノの本質を突いた言葉ってすごく好き。何度も読みたくなる一冊。

2018/11/03

ケニオミ

阿久悠氏が書き溜めた言葉を息子が選んだものです。作詞家も詩人と同じく、凡人が気付かない人生の深みを明らかにしてくれる存在のようです。何篇かの言葉は書き写し、今後の人生の指標にしたいと思いました。読んでよかった本です。お薦めします。

2018/09/16

江藤はるは

OH!

2020/02/08

マリル

あとがきから読むのをオススメします。一言や短文の集まりで、詩集のような一冊です。お気に入りの言葉、励まされる言葉、肝に命じたい言葉、ビビッとくる言葉がいろいろあります。

2019/01/10

感想・レビューをもっと見る