読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

とても短い長い歳月: THE PORTABLE FURUKAWA

とても短い長い歳月: THE PORTABLE FURUKAWA

とても短い長い歳月: THE PORTABLE FURUKAWA

作家
古川日出男
出版社
河出書房新社
発売日
2018-11-06
ISBN
9784309027494
amazonで購入する

とても短い長い歳月: THE PORTABLE FURUKAWA / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さっとる◎

そうか、そうだねこの手があった。日出男のいいとこどりな1冊なんて多分私でも誰でも作れる(そこには確実に好みが反映されるにしても)。これは日出男作にして日出男作にあらず。DJ産土の作品だ。素材は大きな、小さな、表に出ること叶わなかった、たくさんの全ての日出男作品。どこを取り出す?どれとどれを繋げる?これは丸々ドロップするのか?すでに作家の手を離れ完成してなお余白を残す作品群に新しい命を宿す、DJのプロ仕事。緩急のスピード、リズム、ブルースにロック、通底するむかしとみらい、いま、いま。世界が広がる、そこから。

2018/11/30

ぐうぐう

一人の小説家がこれまで書いた28もの単独の作品の、一部(ときには全文)を抜粋し、縦横無尽に繋ぎ合わせ、一本の長編へと変貌させる。驚くべき試みだが、古川日出男であれば、さもありなん、と思わせられる。編纂を担当するのは、DJ産土こと三田村真(『ミライミライ』の登場人物)という徹底ぶり、いや、遊び心か。ひとつの作品を生むことで、次作に影響を与え、連鎖していくことを考えれば、独立した作品がひと続きになるのはそれほど不思議なことではないかもしれないが、本書は発表順に繋がれているわけではない。(つづく)

2018/11/19

ボン

これまで発表されたメガノベルから掌編までの作品をよりぬいてミックス。代表作のダイジェスト版でもベスト盤でも無く、あの作品からここを選ぶのかという意外感。でもそれがいい。切り取っても作品としてしっかり独立して面白い。作品の前後ではテーマや言葉がゆるく繋がっておりリズムの変化も心地よい。それでいて全体を通すと日本のいまが見えてくる。未来はいまに孕まれているのか。やっぱり自分は古川日出男が好きだとあらためて実感。レアな作品も収録されていてファンが喜ぶ内容でもあるが、予備知識無くこの本から読む人を羨ましくも思う。

2018/11/14

Akito Yoshiue

素晴らしいとしか言えない。この言葉の強さは何なのか。

2019/01/14

ベルカ

目次を見た瞬間に「これはものすごいやつキタ!」と感じる。作中世界と現実の境界が薄いフルカワ作品だからこそなしうる、DJ産土とのコラボレーション。昔の作品の大好きな人達との再会(特にジャキ、佑多)、シームレスにいくつもの世界を違和感なく繋ぐさまは、私の趣味的には仮面ライダージオウ(もしくはディケイド)を彷彿とさせる。すべてを破壊しすべてを繋げ。「これはきみが読んできた全部の物語の続編だ」を本当に実現してしまった。スゴイ・・・

2019/01/26

感想・レビューをもっと見る