読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

お金がない! (暮らしの文藝)

お金がない! (暮らしの文藝)

お金がない! (暮らしの文藝)

作家
赤塚不二夫
平松洋子
高野秀行
出版社
河出書房新社
発売日
2018-12-11
ISBN
9784309027630
amazonで購入する

「お金がない! (暮らしの文藝)」のおすすめレビュー

「お金がない!」税務署の取り立て、金銭トラブルで裁判沙汰…今だから語れる作家たちの極貧生活

『お金がない!』(河出書房新社)

 日本においてお金というものはあまり良い印象を持たないことが多い。執着するのは傍目にみっともないが、かといってお金がなくては生きてはいけない。ことに、仕事への対価などの確認は極めて重要なことなのだが、日本では好まない人が多いらしい。ところが、他人の懐具合を探るようなことは嫌いではない。なんともおかしなものだ。常々、日本人のお金に対する感性の面白さを考えているところに目に入ったのが『お金がない!』(河出書房新社)だった。

 何が興味深いかといえば、29名もの著者はそれぞれ文学や漫画、映画と、多方面の業界で活躍した、または活躍中の著名人ばかりという点だ。すでに故人になっている方も多数いるのも貴重といえよう。成功した人の多くは、何らかの苦労を負っている人が多い。これは参考になりそうである。

 本書は、すべてがお金にまつわる苦労話ではない。それぞれに何らかの「お金にまつわるエピソード」を寄せている。税務署の取り立てに裁判沙汰など重いものもあるが、他人を食事に誘ったものの、所持金が少なく肝を冷やしたという軽いものまでバリエーシ…

2019/2/5

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

お金がない! (暮らしの文藝) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

もすけ

「何不自由のない暮らし」。お金がたくさんあれば、それだけ多くの自由が獲得できるという意味の言葉だ。逆に「貧乏は不自由ばかり」と、こうなるのか。しかし僕は最近思うようになってきた。「少しくらいの不自由なら受け入れて、どうこなしていくか工夫し、それを楽しんだほうが生きる張り合いが生まれるんじゃないか」と。これは貧乏人の強がりも含むが、それさえも楽しんでしまえという前向きな貧乏人である。

2019/01/11

yomineko

この本を教えて下さったマイ読のもすけさん、有難うございます!とても面白かったです!特に水木しげる先生の貧乏物語は本当に凄まじいです。赤塚不二夫さんも面白かった。なんだかんだでみんな「お金がない」状態を楽しんでいて爽快。

2019/02/11

ゆずぽん

お金にまつわる小説、エッセイ、漫画など29話。お金=幸せではないよね~とは思うものの、水木しげるさんの書いているような生活はごめんだしなぁ(笑)お金と貧乏と幸せ、考え方ひとつで違ったものになってくるね。久しぶりの天才バカボン、マネータイムトリップすごろく、日向子さんの江戸時代の時間などなど面白かった!

2019/02/28

ドナルド@灯れ松明の火

読んでてつらくなるような金にまつわるエッセイだった。水木しげるや杉浦日向子のエッセイが良かった。あっという間に読了。

2019/02/04

くさてる

お金をテーマにしたアンソロジー。玉石混合の雰囲気ですが、冒頭の雨宮まみ「お金」と、太宰治「貨幣」の二つが抜きんでて良かったです。

2019/03/10

感想・レビューをもっと見る