読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

海苔と卵と朝めし: 食いしん坊エッセイ傑作選

海苔と卵と朝めし: 食いしん坊エッセイ傑作選

海苔と卵と朝めし: 食いしん坊エッセイ傑作選

作家
向田邦子
出版社
河出書房新社
発売日
2018-12-15
ISBN
9784309027654
amazonで購入する

海苔と卵と朝めし: 食いしん坊エッセイ傑作選 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちゃちゃ

結婚式のスピーチで友人が取りあげたのは、私のお弁当にいつも入っていた卵焼き。実は私、大学時代も母お手製のお弁当をよく持参して友人たちと昼食を取っていた。ふっくらとした黄金色の母の味。下宿生活をしていた友人は、それがとても羨ましかったと話した。時を経て私が家族に作るお弁当にも、それは受け継がれた。以前夫に、最後の晩餐は何が食べたいかと尋ねたとき、夫はいみじくも言った「炊きたてのご飯と味噌汁と、卵焼き!」向田さんの絶品エッセイを読んでふと心に浮かんだ、ささやかながら満ち足りた私の食に関する思い出です。

2019/02/20

ヒデミン@もも

向田邦子さんのエッセイは、至福の時を与えてくれる。ほんのさもない日常の日本の食卓。甘い卵焼きは母の味。自分が母となった今でも忘れない味。大人になって塩味の卵焼きが存在する事を知って驚いたことなど思い出した。日本人で良かったと思えるひと時をありがとう。タイトルと装丁も良い良い。

2019/02/28

ドナルド@灯れ松明の火

向田さんの珠玉のエッセイ集。半数以上は既読だが何回繰り返し読んでもいいものは良い。「くらわんか」に書かれていた「うの抽斗」は別途検索したらWEBでまとめたものがあった。 お薦め

2019/02/12

幹事検定1級

向田邦子さんの食エッセイ。幼少の頃の食への思いや作家となってからの食へのこだわり、楽しく読ませていただきました。向田さんがおつくりになるラッキョの醤油漬け、今年の5月には私も作ってみたいと思います(図書館本)。

2019/03/23

yu@ka

向田邦子さんの食にまつわるエッセイをまとめたもの。料理への愛情が感じられるユーモアたっぷりの楽しい話ばかりだった。削りたてのかつお節と炙った海苔で作る海苔弁当。当時はあたり前だった過程で作られる家庭料理がとても贅沢で、ただただ美味しそう…。

2019/02/07

感想・レビューをもっと見る