読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

最後の楽園: 服部まゆみ全短編集

最後の楽園: 服部まゆみ全短編集

最後の楽園: 服部まゆみ全短編集

作家
服部まゆみ
出版社
河出書房新社
発売日
2019-11-28
ISBN
9784309028446
amazonで購入する

最後の楽園: 服部まゆみ全短編集 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

コットン

ひなきちさんのおすすめ本。まず著者が挿画もされていて、統一感のある世界を感じる。そしてサスペンスとファンタジーとどんでん返しをぎゅっと閉じ込めた作品が著者の魅力で、今回の作品では『時のかたち』などはその好例だと思います。

2020/09/21

keroppi

東京で桜が開花した。最も早い開花らしい。そんな雪もちらつく寒い日に、この本を読んだ。様々な短編が収録されているが、真ん中に収められた中編「桜」が印象的だった。桜が咲く中で繰り広げられる殺人事件。桜には死体が似合うのか。しかし、単なるミステリーではなく、読者を混乱に陥れてしまう。桜の花は、人を惑わせてしまう。今年の桜は、静かに眺めることになりそうだ。これ以外の短編も、ドラキュラや狼男やゾンビや、なんと金田一耕助が出てくる話まである。装画も著者によるもので、この本の雰囲気に実に合っている。

2020/03/14

ぐうぐう

服部まゆみが亡くなって12年。振り返れば、彼女が小説家として活動した期間は、たったの20年であった。どちらかと言えば、寡作気味だった服部まゆみは、短編においてもその姿勢を崩さなかった。500ページ近いとは言え、1冊の本に収録できてしまう数しか、彼女は短編を残さなかったのだ。本書は、服部まゆみの全短編17作を収録している。ゴシック、本格、ホラー、パスティーシュと、ジャンルは多様ながらも、ほとんどにどんでん返しが用意されているのは、『この闇と光』の作者らしく、律儀さすら感じさせる。(つづく)

2020/02/25

リッツ

堪能~!!一冊の中に大好物がいっぱい!もっと早く知りたかった。故人であられることが改めて惜しまれる。最後の楽園は物語のタイトルでもあるけれど、それとは別にこの本そのものだと思った、装画も含めて。(版画家でもあった作者自身の手による)他の著書、そして作中に使われていたゴーレムも是非読んでみたい。

2020/03/22

ひなきち

ゴシックミステリー、ときどきホラーな短編集。なかなかのページ数と重さにたじろぎながらも、読めば読むほど、甘美な世界観にハマっていった…。最後にえっ!と驚く展開も癖になる。「時のかたち」「髭」「雛」がお気に入り。他の作品も読みたくなった。

2020/02/15

感想・レビューをもっと見る