読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

右向け~っ、左! ! : 人と同じでなくっていいじゃない。自分らしく行こう!

右向け~っ、左! ! : 人と同じでなくっていいじゃない。自分らしく行こう!

右向け~っ、左! ! : 人と同じでなくっていいじゃない。自分らしく行こう!

作家
水森亜土
出版社
河出書房新社
発売日
2020-03-25
ISBN
9784309028651
amazonで購入する

右向け~っ、左! ! : 人と同じでなくっていいじゃない。自分らしく行こう! / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ズー

今も愛される、かわいいイラストと、昔絵を描きながら歌ってた可愛らしいお姉さん!ってイメージしかなかったけど、この本で亜土ちゃんのすごさにビックリ!(キャッ!)←亜土ちゃん風。日本橋生まれのお嬢様、浮世離れした生活、才能溢れた母のスパルタ教育。読むほど環境にすごく恵まれているなぁ…と妬みたくもなるが、それをモノにするのも実力努力才能あってこそ。ハワイに留学したって挫折してすぐ帰ることもあるだろし。こんなに色々やっちゃう人だとは。素敵✨元気でポジティブだし。かなり見る目が変わりました。崇拝しちゃう。

2020/06/27

ふわりん

図書館の新刊情報で名前を見て、最近可愛いイラストを目にすることが多いけど水森亜土ってどんな人なんだろと興味が湧き予約した。けっこう長く待ってようやく順番がきた。まぁ読めば読むほどハチャメチャ、とまでは言わないけどいつも目の前のことに一生懸命で全身バイタリティの塊のような人だ。得意分野がたくさんあり過ぎて一つにまとまらなくて苦労し回り道をしたようで、その分影でたくさんの涙も流したんだろうなぁ。今も昔も日本橋を知らなくても、亜土さんの思い出話を読むと情景が浮かぶ、良きかな昭和の時代。読み物としても面白かった。

2021/01/29

ツキノ

亜土ちゃんのバイオグラフィー。読んでいて楽しく、なんだか歌って踊り出したくなるような。聞き書きなのか、亜土ちゃんの話をじかに聞いているよう。写真多数。かつての日本橋界隈の様子がわかるのも嬉しい。子どもの頃、母の同級生が亜土ちゃんと仕事のつながりがあるとかで、「料理の絵本」をサイン付でいただいたことがある。お礼のお手紙にずうずうしくも「サラダとわたし」も読んでみたいと書いたら、名前入りで即送ってくださったのだった。愛あふれる人なんだな、とこの本を読んで再確認。いつも身近にあった亜土グッズ、また手に入れたい。

2020/04/18

tekka

日本橋で生まれ育ったパリパリの江戸っ子だとは知らなかった。

2021/02/07

エリザベス

若い頃は好きになれなかった亜土さんのキャラクターとイラスト。なのに今はとても好き♥

2020/11/22

感想・レビューをもっと見る