読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

私たちの望むものは

私たちの望むものは

私たちの望むものは

作家
小手鞠るい
出版社
河出書房新社
発売日
2020-03-16
ISBN
9784309028668
amazonで購入する Kindle版を購入する

私たちの望むものは / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

モルク

NYで亡くなった叔母千波瑠の遺骨を受け取り遺品の整理をするために夏彦は千波瑠のアパートを訪れる。憧れていた美しい叔母。遺品整理をしながら思い出に浸り、そして千波瑠の不倫という報われない愛ではあるがその熱量に圧倒される。村上春樹の本、取ってのとれたマグ、白いピエロの絵…好きなものに囲まれて千波瑠は幸せだったのかな。妻子ある男を愛し10年、NYに渡ってもその愛は続く。「あと10年待ってくれ」という男の言葉。10年の根拠って何?それがあと1年となったことも男は気づかない。まあそんなものさ!

2020/06/27

あすなろ

個人的にJAZZの世界が似合うと思っているほろ苦い小手毬氏の作品。10年前に亡くなった少し歳上の叔母を想う作品。日曜の早朝の暗がりから明け方までに読了。休日の朝にJAZZと珈琲を本作と共に嗜み、主人公の永遠の手が届かぬ想い人を共に心をシンクロさせて偲ぶ世界に揺蕩う感覚は正に読書の秋という感じで良かった。そして、小手毬氏のこの手の作品はやはり大人の味でビターですね。

2020/10/11

ゆみねこ

ニューヨークで一人暮らしをしていた叔母が亡くなり、その遺品の片付けに赴いた夏彦。美しく憧れの存在であった叔母の秘められた恋と来し方。残念ながら私の好みとは合わなかった1冊。

2020/05/27

ひらちゃん

憧れと恋愛感情を抱いていた叔母の遺品を整理しながら思いをはせる夏彦。叔母は妻子ある男性との愛の末に渡米した千波留。好きな人の遺品なんてどうしたらいいかわからなくなりそう。主のいなくなった部屋からも、人生が見えてくるようだし。本当に望むものは確かに幻なのかもしれないな。少しだけ違和感を感じたのは関西弁の恋人かな。彼女の情熱と違う世界にいたように思うのだけれど。

2020/06/04

しゃが

小手鞠さんが描いても恋愛小説はこうなるのか、少し残念だった。美しいだけの愛であり、記憶であった。京都とNY、ギリシャを背景に繰り広げられる永い不倫の恋、逢える愛おしさが耐える強さにもなる…。男性の関西言葉が変に耳につく。経験則(?)からすると家族に嘘をつく男性は愛人にも嘘をつく。そんなことに主人公の美しく、賢い女性は目をそらせることができない年齢にもなり、自立が孤立になり、孤独感が高まったのだろう。小手鞠さんが在住のニューヨーク州・ウッドストックは今、大丈夫なんだろうか。

2020/04/19

感想・レビューをもっと見る