読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

中国・SF・革命

中国・SF・革命

中国・SF・革命

作家
ケン・リュウ
柞刈湯葉
郝景芳
王谷晶
閻連科
佐藤究
上田岳弘
樋口恭介
イーユン・リー
ジェニー・ザン
藤井太洋
立原透耶
出版社
河出書房新社
発売日
2020-08-05
ISBN
9784309029030
amazonで購入する

中国・SF・革命 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

keroppi

「文藝」2020年春季号の中国SF特集を再構成した単行本。この「文藝」もかなり売れたらしいが、「三体」を始めとして中国SFがかなりブームになっているみたい。この本では、中国作家以外に、日本人作家が中国をテーマに書いていたり、中国SFに関してのエッセイが掲載されていたりと、中国SFを俯瞰出来て楽しめた。特にエッセイでは、アメリカでの中国作家の現状や、中国でのSF界の活動が垣間見れるし、中国SFの他の作品を知ることが出来て、興味深く読めた。まだまだ読んでみたい本がある。しばらくは、中国SFから目が離せない。

2020/09/07

緋莢@感想お休み中

SFアンソロジーですが、中国だけでなく、日本、アメリカの作家による小説、エッセイが収録されています。元々は『文藝』春季号特集で、それを大幅加筆して単行本化したようです。ケン・リュウ「トラストレス」(ブロックチェーン技術を利用して、特定のだれかを信用せずとも安全な取引ができるという暗号通貨上の概念 作品につけられた註より)は、安定の面白さなのですが、いかんせん短い。面白いので、もっと膨らませたものを読みたくなります(続く

2020/11/08

Pustota

中国系作家と日本人作家の双方の作品が収められている。流行りの中国SF小説は、安易な「中国らしさ」というラベルを拒むような多様性があるが、この本は分かりやすく中国の歴史などと結びついた作品が多い。小説では、始皇帝をモチーフに、歴史というものの意味を掘り下げる郝景芳「阿房宮」と、帯で「餃子百合SF」と紹介されている(そしてその表現がぴったりの)王谷晶「移民の味」が特に面白かった。エッセイでは中国でのSFブームと政治の関係が除き見れる藤井太洋の「ルポ 『三体』が変えた中国」が印象的だった。

2020/12/26

ノベツ

とりあえず中国についての何かが読みたい、という人向けの本。掌編やエッセイが多く、小説は微妙だった。革命要素も無い。正直、小説よりもエッセイの方が面白かった。 長文感想⬇ https://note.com/nobetsu/n/n2234cc89feb3

2020/11/17

ひさか

河出書房新社文藝2020年春季号(2020年1月)中国・SF・革命を大幅増補して、2020年7月河出書房新社刊。中国SFをテーマにした、日、米、中の作家12人による、小説8つとエッセイ4つのアンソロジー。ケン・リュウ、郝景芳、王谷晶、が好みでした。王谷さんは、別のものも読んで見ます。表紙にインパクトがあって、本を手に取るたびに、ドキリとします。

2020/10/01

感想・レビューをもっと見る