読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

生まれつきの花: 警視庁 花人犯罪対策班

生まれつきの花: 警視庁 花人犯罪対策班

生まれつきの花: 警視庁 花人犯罪対策班

作家
似鳥鶏
出版社
河出書房新社
発売日
2020-09-14
ISBN
9784309029146
amazonで購入する Kindle版を購入する

生まれつきの花: 警視庁 花人犯罪対策班 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

似鳥 鶏、二作目です。ミステリと言うよりも、花人ファンタジーでした。本編よりも挿入されている特定の個人のエピソードや著者のあとがきの方が面白かった。花人とは、東大(予備軍or現役orOB・OG)でモデルなみのルックス&スポーツ万能のイメージでしょうか?それなら当然ながら妬まれます。

2020/10/08

mint☆

容姿端麗、頭脳明晰、身体能力も高い完璧な人種「花人」と、いわゆる普通の人「常人」がいる世界で起こる警察ミステリー。いや社会派ミステリーかな。性格が穏やかで賢い花人は犯罪を起こさないとされてきたが、殺人事件が連続で起きてしまう。絡んでくるのは差別や偏見。そして国をあげて差別を合法化しようとする様は恐ろしい。内容は重めだが主要登場人物が軽めなノリなので読みやすい。そしてあとがきが変!(褒めてます!)

2020/12/06

特殊設定のミステリー。差別の拡がり方は今の日本をちゃんと捉えていると思う。軽快な語り口だけどしっかり本質は押さえてる

2021/08/21

nana

花人と常人という設定。なかなか一筋縄ではいかない感じで、差別問題などもあり興味深く読めたが、いまいちストーリーに馴染めなかった。

2020/12/04

NADIA

高身長で美しく、努力好きで頭脳明晰。性格は合理的で素直。さらに体臭は汗臭いどころか花の香り。「強くてニューゲーム」のチート感漂う新人類「花人」。平成の頃より全体の2%くらい割合で誕生するようになった彼らは、当然、ごく普通の日本人「常人」から激しい嫉妬を向けられ、場合によっては差別の対象となる。合理的な花人は犯罪を犯さないのが通念とされているが、3件の花人が起こしたとされる殺人事件より急速に進む花人排斥の流れ。愚かだとは思うが、実際にこんな新人類が身近にいたら私も平静でいることは難しいかも。似鳥さん、巧い

2021/07/18

感想・レビューをもっと見る