読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大阪

大阪

大阪

作家
岸政彦
柴崎友香
出版社
河出書房新社
発売日
2021-01-27
ISBN
9784309029375
amazonで購入する Kindle版を購入する

「大阪」のおすすめレビュー

大阪に暮らしたふたり、柴崎友香と岸政彦のあの街の魅力とは? 著者の記憶を追体験できるエッセイ

『大阪』(柴崎友香、岸政彦/河出書房新社)

 2005年まで大阪に住んでいた小説家の柴崎友香氏と、大学入学以来大阪に住み続けている社会学者の岸政彦氏。ふたりの大阪にまつわるエッセイが交互に記されたのが『大阪』(河出書房新社)だ。両者がこの街でどのような体験をし、どのような記憶や印象を抱いている(いた)のかが綴られている。

 岸氏は大阪についてこんな風に書く。賑やかでガラが悪く、せせこましくて、あくどい、どぎつい、でも親切な街。自由で、気取りがなくざっくばらん。気さくで、ほがらかで、懐が深い。大阪の特質を語るのに、これだけするすると形容詞が出てくることにまず驚く。愛憎半ばする言葉が並ぶが、岸氏はその両方を引き受けてきたのだろう。確かに「愛」ばかり並べるのは、ちょっと嘘っぽいし、うさんくさい。

 社会学者である岸氏は、この学問分野に欠かせない「フィールド・ワーク」を継続して行っている。アンケートや聞き取りにより得たデータをもとに、特定の地区の実態について調査や研究を敢行する。簡単にまとめるとそんな行為だ。岸氏は自分の住んでいる大阪でもフィールド・ワークを行…

2021/2/27

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

大阪 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鉄之助

大阪を"精神"のルーツとする作家と社会学者が「往復書簡」のように交互にエッセイを連ねた、大阪アルアル集だった。気さくで朗らか、気取りのないざっくばらんさが売り、の大阪人。その懐の深さの陰には「暴力と貧困、差別」と同居している人たちがいた。大阪弁は意味の伝達よりも、会話を続けるためにある言葉、という指摘も面白かった。この30年の「大阪の没落」も描いているが、なんだかんだ言っても「やっぱ好っきゃねん」と言ってしまう魅力あふれる大阪があった。

2022/02/12

旅するランナー

作家柴崎さんが「わたしがいなくなった街」大阪で、社会学者岸さんが「わたしがやってきた街」大阪で過ごした日々を書き綴ります。大阪以外の人にはピンと来ない世界ではあろうが、コテコテの大阪だけではない、普通に鬱屈した青春時代も描かれ、共感できなくはないでしょう。映画や音楽に関する思い出には、そうだよねって思えるところもあります。ああ、懐かしの大毎地下劇場・毎日文化ホール...

2021/07/02

trazom

大阪にやって来た岸さんと、大阪から出ていった柴崎さんのリレーエッセイ。馴染みの場所が多く登場して面白いはずなのに、何故か、寂しくて、悲しくて、やるせない気持ちになる。二人が語るのは日本経済が下り坂に差し掛る時代。時代の悲しさを大阪という町が象徴している。朝鮮半島や被差別部落や沖縄の人々が集まってきた大阪は「戦前から戦後にかけての日本の「社会問題」がすべて揃っている街」(岸)だった。でも、同時に「あほでとるに足りない一人の高校生だった私に、大阪の街はやさしかった」(柴崎)。そんなやさしさが悲しい一冊である。

2021/03/19

みどどどーーーん(みどり虫)

岸さんしか読んでへんのに、読み終わった登録してすんまへん。岸さんの書く文章が好きやねん。大阪はUSJしか行ったこととあらへん。それやのになんやろ、憧れともちゃうし、なんかな、なんかいいねん。岸さん、綾戸智恵さんと旧知やて。綾戸さんのコンサート行ったわ〜。岸さんのウッドベースも大阪のライブハウスで聴きたいわ〜。阪神淡路大震災にも触れてた。町の開発話は興味深かった。あとな、岸さん女が切れんのな。岸さんの書く大阪は私にとって上田正樹の「悲しい色やね」なんよ。笑や騒やない。そこが好きや。続けて『リリアン』読むで。

2021/03/22

hiro

「大阪へ来た」社会学者の岸政彦さんと、「大阪を出た」小説家の柴崎友香さんが、交互に大阪を語る共著エッセイ。大阪に興味がない人は、きっと手を出さない本だろうと思いながら読みだしたが、この本を読んで、大阪から出て戻り、出て戻りを繰り返し、もっと住みやすい所もあったにもかかわらず、嫌いなところも多いこの大阪に、なぜ今自分は住んでいるのかと考えた。有名な観光スポット以外の大阪のディープなところを知らない人にとっては、大阪全体を感じることができると本だと思うので、少しでも大阪に興味のある方にはおすすめです。

2021/05/23

感想・レビューをもっと見る