読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

武道論: これからの心身の構え

武道論: これからの心身の構え

武道論: これからの心身の構え

作家
内田樹
出版社
河出書房新社
発売日
2021-07-22
ISBN
9784309029757
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

武道論: これからの心身の構え / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けんとまん1007

まさしく心身の構え。心と身体は表裏一体。物事の捉え方の立ち位置を、どこに置くのか・・・ここから全てが始まる。とにかく、面白い。しかも、示唆に富んでいる。が、何度も読むことで、本当の味わいが出てくる。いい意味での型があるのが武道であると思うが、その型に囚われてはいけない。そこに、生き方の神髄があるように思う。

2022/06/28

tokko

「武道論」と銘打っておりますが、基本的には「いつもの」お話がやや「武道」に軸足を置きながら語られているというものです。内田先生のフォロワーなら既に聞いたことのあるお話ばかりだと思います。だからと言って「買って損した」と思わず、「そうか、あの話は武道にもつながっているんだ!」とポジティブに読めるのが、フォロワーのフォロワーたる所以です。

2021/08/13

冬佳彰

内田さんの本を読む効用って、本書にも書かれているような、複雑な事象を複雑なまま受け取り、時に判断を留保しつつも、広々とした心を維持する感覚に触れられる快感なのかなあ。これも本書で書かれているように、いわゆる真新しい話は多くない。と言った後、急いで補足すると、同じ話を何度も繰り返しているようでありながら、螺旋状に思考を深めている部分がある。俺が面白かったのは「残心について」の時間感覚、「存在するものと、存在しないもの」、「菊と刀について」かなあ。とは言え、完全に理解できたわけではない。時間と成長が必要か。

2021/11/17

まゆまゆ

武道に関するコラムを中心にまとめた内容。書き下ろしもあるが震災直後の執筆も多く、原発問題がやや多め。武道は自分が弱者であると自覚した人が学ぶもの。武道を通じて他者との共同性を理解する。学びは本人だけでなく優秀な師匠に出会えるかがカギ。

2021/10/05

GX

色々、勉強になりました。「家事能力というのは、具体的な家事処理のことではなく、突き詰めて言えば、共に生活している人の愁訴を聴きとるちからのことである」。そのように考えると、家事も、生活の全ての活動が、修業になるのでしょうね。

2021/10/05

感想・レビューをもっと見る